洋楽ロック・邦ロックの人気動画やおすすめミュージックビデオを無料視聴/試聴出来るサイトです。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 TB(-) | CM(-)

The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス『City Lights』

ジャック・ホワイトアコースティック・レコーディングス2016年にリリースのジャック・ホワイト名義のコンピレーション・アルバム『ジャック・ホワイト アコースティック・レコーディングス 1998-2016』に収録されている。

この曲は、2005年にホワイト・ストライプス名義でリリースされた5thアルバム『Get Behind Me Satan』のセッション時にレコーディングされた未発表曲。

このコンピレーション・アルバムは、全英アルバムチャートで最高12位を記録。

ミュージックビデオは、バスルームの曇りガラスに指でなぞったイラスト書いていき、消えて行くイラストに上書きするように次々と新しいイラストを重ねて書いていくという内容になっています。

監督は、「Fell in Love with a Girl」などをはじめホワイト・ストライプスの多くのMVを手がけるミシェル・ゴンドリー。

ジャック・ホワイト アコースティック・レコーディングス 1998-2016

スポンサーサイト

The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス『Conquest』

220px-The_White_Stripes_Icky_Thumb.jpg2007年にリリースされた6thアルバム『Icky Thump(イッキー・サンプ)』に収録されている。

3rdシングル。パティ・ペイジのカヴァー。全米ビルボードの「モダン・ロック・チャート」で最高30位。英国シングルチャートで最高30位。

ミュージックビデオは、2008年のMTVビデオ・ミュージック・アワードで「ベスト・シネマトグラフィー」を受賞した作品。ジャック・ホワイトが心優しい闘牛士の役を演じた内容になっています。

監督は、The 1975の『Love Me』のMVなども手がけるダイアン・マーテル。

イッキー・サンプ


The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス『You Don't Know What Love Is (You Just Do as You're Told)』

220px-The_White_Stripes_Icky_Thumb.jpg2007年にリリースされた6thアルバム『Icky Thump(イッキー・サンプ)』に収録されている。

2ndシングル。全米ビルボードの「モダン・ロック・チャート」で最高9位。英国シングルチャートで最高18位。

ミュージックビデオは、家の前でホワイト・ストライプスの2人がアコギとタンバリンで演奏する映像と、浜辺を歩くシーンなどが映し出される内容になっています。

監督は、ファーストシングルの「Icky Thump」に続きThe Malloysが務めています。

イッキー・サンプ


The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス『Icky Thump』

220px-The_White_Stripes_Icky_Thumb.jpg2007年にリリースされた6thアルバム『Icky Thump(イッキー・サンプ)』に収録されている。

ファーストシングル。この曲は、2008年のグラミー賞で「ベスト・ポップ・パフォーマンス・デュオ」を受賞した曲。全米ビルボードのホット100で最高26位。英国シングルチャートで最高2位。

今回のアルバムは、グラミー賞で3度目の「ベスト・オルタネイティブ・アルバム」を受賞。しかし、2011年にバンドが解散したため彼らの最後のアルバムになった。

全米アルバムチャートで最高2位。全英1位を記録。

ミュージックビデオは、アメリカのテネシー州で撮影されたそうでメキシコのセットが組まれスペイン語の字幕が表示されています。内容は、ホワイト・ストライプスのバンドパフォーマンス映像を中心にジャックが街の中で過ごす様子などを映した内容になっています。

監督は、ジャック・ホワイトとウィーザーの「Troublemaker」のMVなども手がけるThe Malloys。

イッキー・サンプ

The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス『The Denial Twist』

220px-Get_Behind_Me_Satan.jpg2005年にリリースされた5thアルバム『Get Behind Me Satan(ゲット・ビハインド・ミー・サタン)』に収録されている。

3rdシングル。全米ビルボードの「モダン・ロック・チャート」で最高5位。英国シングルチャートで最高10位。

ミュージックビデオは、トーク番組に出演したホワイト・ストライプスがパフォーマンスするシーンから始まり、その後車に乗って家に帰る一連の流れを映したもので、特殊な映像加工で人物が縦に長くなったり、横に伸びたりするという内容になっています。

監督は、ホワイト・ストライプスの多くのMVを手がけるミシェル・ゴンドリー。

ゲット・ビハインド・ミー・サタン


The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス『My Doorbell』

220px-Get_Behind_Me_Satan.jpg2005年にリリースされた5thアルバム『Get Behind Me Satan(ゲット・ビハインド・ミー・サタン)』に収録されている。

2ndシングル。この曲は、2006年のグラミー賞で「ベスト・ポップ・パフォーマンス・デュオ」にノミネートされた曲。全米ビルボードのホット100で最高116位。英国シングルチャートで最高10位。

ミュージックビデオは全編モノクロで描かれていて、大勢の子供達の前でホワイト・ストライプスの2人がパフォーマンスをするというもので、笑いもある内容になっています。

ゲット・ビハインド・ミー・サタン


The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス『Blue Orchid』

220px-Get_Behind_Me_Satan.jpg2005年にリリースされた5thアルバム『Get Behind Me Satan(ゲット・ビハインド・ミー・サタン)』に収録されている。

ファーストシングル。全米ビルボードのホット100で最高43位。英国シングルチャートで最高9位。

今回のアルバムは、前作に続きグラミー賞で「ベスト・オルタネイティブ・アルバム」を受賞。全米アルバムチャートで最高3位。全英3位を記録。

ミュージックビデオはゴシックな雰囲気で描かれていて、古い屋敷の中でホワイト・ストライプスの2人がパフォーマンスする様子を描いています。馬や蛇も出てきます。

監督は、ミューズの「Supermassive Black Hole」のMVなども手がけるフローリア・シジスモンディ。

ゲット・ビハインド・ミー・サタン

The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス『Jolene』

220px-Under_Black_Pool_Lights.jpg2004年にリリースされたビデオアルバム『Under Blackpool Lights(アンダー・ブラックプール・ライツ)』に収録されている。

同年にリリースされたシングル。ドリー・パートンのカヴァー。英国シングルチャートで最高16位。

ミュージックビデオは、ホワイト・ストライプスのライブパフォーマンス映像です。

監督は、オアシスステレオフォニックスのライブビデオなども手がけるディック・カルザース。

アンダー・ブラックプール・ライト [DVD]

The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス『The Hardest Button to Button』

220px-Elephant,_The_White_Stripes2003年にリリースされた4thアルバム『Elephant(エレファント)』に収録されている。

3rdシングル。全米ビルボードの「モダン・ロック・チャート」で最高8位。英国シングルチャートで最高23位。

ミュージックビデオは、ピクシレーション(コマ撮りすることでアニメーションを作る技法)という手法で作られていて、街の至る所でジャックとメグが演奏する映像で、ドラムセットとギターアンプが残像のようにどんどん増えていくという内容になっています。

監督は、3rdアルバム収録の「Fell in Love with a Girl」と「Dead Leaves and the Dirty Ground」のMVを手がけたミシェル・ゴンドリー。

エレファント


The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス『I Just Don't Know What to Do with Myself』

220px-Elephant,_The_White_Stripes2003年にリリースされた4thアルバム『Elephant(エレファント)』に収録されている。

2ndシングル。バート・バカラックのカヴァー。全米ビルボードの「モダン・ロック・チャート」で最高25位。英国シングルチャートで最高13位。

ミュージックビデオは全編モノクロで映されていて、1人の女性ダンサーがポールダンスをするという内容になっています。

監督は、映像ディレクターで女優でもあるソフィア・コッポラ。

エレファント


The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス『Seven Nation Army』

220px-Elephant,_The_White_Stripes2003年にリリースされた4thアルバム『Elephant(エレファント)』に収録されている。

リードシングル。この曲は、2004年のグラミー賞で「ベスト・ロック・ソング」を受賞した曲。全米ビルボードのホット100で最高76位。英国シングルチャートで最高7位。

今回のアルバムは、グラミー賞で「ベスト・オルタネイティブ・アルバム」を受賞。また、ジャック・ホワイトは、ローリング・ストーン誌が選ぶ「100人の偉大なギターリスト」で17位に選ばれた。

全米アルバムチャートで最高6位。全英1位を記録。

ミュージックビデオは、ホワイト・ストライプスのテーマカラーでもある「赤、黒、白」の3色で構成されていて、カメラが前方に進み三角形のトンネルをくぐり抜ける度に、ジャックとメグが次々と映し出されるという内容になっています。

監督は、ステレオフォニックスの「Moviestar」のMVなども手がけるアレックス&マーティン。

エレファント

The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス『We're Going to Be Friends』

220px-The_White_Stripes_-_White_Blood_Cells.jpg2001年にリリースされた3rdアルバム『White Blood Cells(ホワイト・ブラッド・セルズ)』に収録されている。

プロモーショナルシングル。アルバムの9曲目に収録されている。

ミュージックビデオは、ソファでメグが寝ている隣でジャックが弾き語りをするという内容になっています。

ホワイト・ブラッド・セルズ


The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス『Dead Leaves and the Dirty Ground』

220px-The_White_Stripes_-_White_Blood_Cells.jpg2001年にリリースされた3rdアルバム『White Blood Cells(ホワイト・ブラッド・セルズ)』に収録されている。

3rdシングル。全米ビルボードの「モダン・ロック・チャート」で最高19位。英国シングルチャートで最高25位。

ミュージックビデオは、ジャック・ホワイトが家に帰ってくると家の中がめちゃくちゃになっていて、そうなる経緯をプロジェクターで投影しながら現在と過去が同時進行で進んでいくという内容になっています。

監督は、2ndシングル「Fell in Love with a Girl」に続きこちらもミシェル・ゴンドリー。

ホワイト・ブラッド・セルズ


The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス『Fell in Love with a Girl』

220px-The_White_Stripes_-_White_Blood_Cells.jpg2001年にリリースされた3rdアルバム『White Blood Cells(ホワイト・ブラッド・セルズ)』に収録されている。

2ndシングル。全米ビルボードの「モダン・ロック・チャート」で最高12位。英国シングルチャートで最高21位。

ミュージックビデオは、2002年のMTVビデオ・ミュージック・アワードで3つの賞を受賞した作品。全編LEGOアニメーションで描かれていて、LEGOブロックをストップモーション・アニメーションで動かしてホワイト・ストライプスの2人を表現した内容になっています。

監督は、ビョークの多くのMVを手がけているミシェル・ゴンドリー。

ホワイト・ブラッド・セルズ


The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス『Hotel Yorba』

220px-The_White_Stripes_-_White_Blood_Cells.jpg2001年にリリースされた3rdアルバム『White Blood Cells(ホワイト・ブラッド・セルズ)』に収録されている。

リードシングル。英国シングルチャートで最高26位。

今回のアルバムは、ローリング・ストーン誌が選ぶ「2000年代のベスト・アルバム100」では19位。また、「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」では497位にランクインしている。

全米アルバムチャートで最高61位。全英55位を記録。

ミュージックビデオは、ホワイト・ストライプスの2人がホテルの一室で演奏する映像を中心に、森の中で過ごす様子や結婚式の映像などが映しだされる内容になっています。

ホワイト・ブラッド・セルズ

SNS
洋楽ロック アーティスト
A
The All-American Rejects/オール・アメリカン・リジェクツ
Aphex Twin/エイフェックス・ツイン
Arcade Fire/アーケイド・ファイア
Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ
Atoms For Peace/アトムス・フォー・ピース

B
Beady Eye/ビーディ・アイ
Beck/ベック
Bjork/ビョーク
Blink-182/ブリンク182
Blur/ブラー
Bring Me the Horizon/ブリング・ミー・ザ・ホライズン
Bullet for My Valentine/ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン

C
The Chemical Brothers/ケミカル・ブラザーズ
COLDPLAY/コールドプレイ

D
Daft Punk/ダフト・パンク
Deftones/デフトーンズ

E
Evanescence/エヴァネッセンス

F
Fall Out Boy/フォール・アウト・ボーイ
Foo Fighters/フー・ファイターズ
Franz Ferdinand/フランツ・フェルディナンド

G
Gorillaz/ゴリラズ
Green Day/グリーン・デイ

H
Hoobastank/フーバスタンク

I
Imagine Dragons/イマジン・ドラゴンズ

J
Jimmy Eat World/ジミー・イート・ワールド

K
The Killers/ザ・キラーズ
KoRn/コーン

L
Limp Bizkit/リンプ・ビズキット
LINKIN PARK/リンキン・パーク

M
Marilyn Manson/マリリン・マンソン
Metallica/メタリカ
MEW/ミュー
MUSE/ミューズ
My Bloody Valentine/マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン
My Chemical Romance/マイ・ケミカル・ロマンス

N
New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー
Nickelback/ニッケルバック
Nine Inch Nails/ナイン・インチ・ネイルズ
The 1975/ザ・ナインティーンセヴンティファイヴ
Nirvana/ニルヴァーナ
Noel Gallagher's High Flying Birds/ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ

O
Oasis/オアシス
The Offspring/オフスプリング

P
Panic! at the Disco/パニック!アット・ザ・ディスコ
Paramore/パラモア
A Perfect Circle/ア・パーフェクト・サークル
Pixies/ピクシーズ
The Prodigy/ザ・プロディジー

R
RADIOHEAD/レディオヘッド
Rage Against the Machine/レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
RANCID/ランシド
Red Hot Chili Peppers/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

S
Sigur Rós/シガー・ロス
Simple Plan/シンプル・プラン
Slipknot/スリップノット
The Smashing Pumpkins/スマッシング・パンプキンズ
Snow Patrol/スノウ・パトロール
Stereophonics/ステレオフォニックス
The Stone Roses/ザ・ストーン・ローゼズ
The Strokes/ザ・ストロークス
Sum 41/サム・フォーティーワン
System Of A Down/システム・オブ・ア・ダウン

T
Thirty Seconds to Mars/サーティー・セカンズ・トゥー・マーズ
Tool/トゥール
Two Door Cinema Club/トゥー・ドア・シネマ・クラブ

U
Underworld/アンダーワールド

V
The Verve/ザ・ヴァーヴ
Vampire Weekend/ヴァンパイア・ウィークエンド

W
Weezer/ウィーザー
The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス

Z
Zebrahead/ゼブラヘッド
NEW RELEASE -最新アルバム-
Fall_Out_Boy_-_Mania.png
Fall Out Boy/フォール・アウト・ボーイ『Mania』
2017年9月リリース

ミュージックビデオ
・Young And Menace
20170722144708644.jpg
Arcade Fire/アーケイド・ファイア『Everything Now』
2017年7月リリース

ミュージックビデオ
・Everything Now
・Creature Comfort
・Signs of Life
oknotok.jpg
RADIOHEAD/レディオヘッド『OKNOTOK』
2017年6月リリース

ミュージックビデオ
・I Promise
・Man of War
Feed_the_Machine_(Nickelback).jpg
Nickelback/ニッケルバック『Feed the Machine』
2017年6月リリース

ミュージックビデオ
・Feed the Machine
Linkin_Park_7th_album.jpg
LINKIN PARK/リンキンパーク 『One More Light』
2017年5月リリース

ミュージックビデオ
・Heavy
After_Laughter_Paramore_album_cover.png
Paramore/パラモア『After Laughter』
2017年5月リリース

ミュージックビデオ
・Hard Times
HumanzGorillaz.png
Gorillaz/ゴリラズ『Humanz』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・Saturnz Barz
201702181444339e7.jpg
New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Make Me Sick』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・Happy Being Miserable
Visuals.jpeg
MEW/ミュー『Visuals』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・85 Videos
・Twist Quest
・In A Better Place
Metallica_Hardwired_To_Self-Destruct_2016.jpeg
Metallica/メタリカ『Hardwired... to Self-Destruct』
2016年11月リリース

ミュージックビデオ
・Hardwired
・Atlas, Rise!
・Now That We're Dead
・Moth Into Flame
・Dream No More
・Halo On Fire
・Confusion
・ManUNkind
・Here Comes Revenge
・Am I Savage?
・Murder One
・Spit Out the Bone
201609171511493dd.jpg
Green Day/グリーン・デイ『Revolution Radio』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Bang Bang
・Still Breathing
・Revolution Radio
Korn-The_Serenity_of_Suffering-album_cover.jpg
KoRn/コーン『The Serenity of Suffering』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Rotting In Vain
・Insane
・A Different World
・Take Me
・Black Is the Soul
13_Voices_album_artwork.png
Sum 41/サム・フォーティーワン『13 Voices』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Fake My Own Death
・War
Gameshow_album_art.jpg
Two Door Cinema Club/トゥー・ドア・シネマ・クラブ『Gameshow』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Are We Ready? (Wreck)
・Bad Decisions
300px-Integrity_Blues.jpg
Jimmy Eat World/ジミー・イート・ワールド『Integrity Blues』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Sure and Certain
2016091015314602b.jpg
Pixies/ピクシーズ『Head Carrier』
2016年9月リリース

ミュージックビデオ
・Tenement Song
・Um Chagga Lagga
・Classic Masher
Blink-182_-_Calfornia.jpg
Blink-182/ブリンク182『California』
2016年7月リリース

ミュージックビデオ
・Bored to Death


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。