洋楽ロック・邦ロックの人気動画やおすすめミュージックビデオを無料視聴/試聴出来るサイトです。




Zebrahead/ゼブラヘッド『So What』

Zebrahead_WalkThePlank.jpg2015年にリリースされた12thアルバム『Walk the Plank(ウォーク・ザ・プランク)』に収録されている。

2ndシングル。この曲は、MAN WITH A MISSION(マン・ウィズ・ア・ミッション)のDJサンタモニカをフィーチャーした曲。アルバムの6曲目に収録されている。

ミュージックビデオは、日本でのツアーの様子やゼブラヘッドのライブパフォーマンス映像を編集した内容になっています。

ウォーク・ザ・プランク

Zebrahead/ゼブラヘッド『Worse Than This』

Zebrahead_WalkThePlank.jpg2015年にリリースされた12thアルバム『Walk the Plank(ウォーク・ザ・プランク)』に収録されている。

ファーストシングル。アルバムの8曲目に収録されている。

ミュージックビデオは、スマートフォンのアプリのように実際の少女を動かして様々な道を進んでいくというもので、高台から水の中に飛び込んだり、真っ暗な廃墟の中を進んで行ったりするという内容です。

ウォーク・ザ・プランク

Zebrahead/ゼブラヘッド『Out of Control』

617JTGgmgaL_SL250_jpg.jpg2015年にリリースされたEP『Out of Control(アウト・オブ・コントロール)』に収録されている。

MAN WITH A MISSIONとの共作。この曲は、アメリカ映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の日本版エンディング・テーマに起用された。

このEPは、MAN WITH A MISSION×Zebrahead名義のスプリットEPで日本限定でリリースされた。オリコンチャートで最高2位。

ミュージックビデオは、ゼブラヘッドとマンウィズが同じリングの上でバンドパフォーマンスをする映像に、ボクシングの試合映像がインサートされるという内容になっています。また、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』バージョンのMVもあります。

アウト・オブ・コントロール(初回生産限定盤)(DVD付)

Zebrahead/ゼブラヘッド『Devil On My Shoulder』

Zebrahead_cover.jpg2015年にリリースされた11thアルバム『The Early Years – Revisited(アーリー・イヤーズ〜リビジテッド)』に収録されている。

唯一のシングル。この曲は、マン・ウィズ・ア・ミッション(MAN WITH A MISSION)のジャン・ケン・ジョニーをフィーチャーした曲。

今回のアルバムは、初期の曲を今のメンバーで再レコーディングしたものに新曲を加えたベストアルバムになっている。

ミュージックビデオは、ゼブラヘッドのメンバーが突然色々な場所にワープしてしまうという内容で、一人のシーンやバンド演奏のシーンなどが交互に映されています。ジャン・ケン・ジョニーも出演しています。

アーリー・イヤーズ

Zebrahead/ゼブラヘッド『Automatic』

220px-Zebrahead_CallYourFriends.png2013年にリリースされた10thアルバム『Call Your Friends(コール・ユア・フレンズ)』に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。アルバムの9曲目に収録。

ミュージックビデオは、メインボーカルの2人を中心に様々な場所で歌うシーンなどを画面分割で映した内容になっています。

コール・ユア・フレンズ


Zebrahead/ゼブラヘッド『Sirens』

220px-Zebrahead_CallYourFriends.png2013年にリリースされた10thアルバム『Call Your Friends(コール・ユア・フレンズ)』に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。アルバムの1曲目に収録。

ミュージックビデオは、荒野でゼブラヘッドがバンドパフォーマンスをする映像がメインで、その他に着ぐるみや車で走る車内の映像などがインサートされるという内容になっています。

コール・ユア・フレンズ


Zebrahead/ゼブラヘッド『I'm Just Here For The Free Beer』

220px-Zebrahead_CallYourFriends.png2013年にリリースされた10thアルバム『Call Your Friends(コール・ユア・フレンズ)』に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。アルバムの2曲目に収録。

ミュージックビデオは、ゼブラヘッドのライブパフォーマンス映像にバックステージやオフショットの映像を織り交ぜた内容になっています。

コール・ユア・フレンズ


Zebrahead/ゼブラヘッド『Call Your Friends』

220px-Zebrahead_CallYourFriends.png2013年にリリースされた10thアルバム『Call Your Friends(コール・ユア・フレンズ)』に収録されている。

唯一のシングル。ビルボードのジャパン・ホット100で最高48位。

今回のアルバムからリードギターのグレッグ・バーグドルフがバンドを脱退し、ダン・パーマーが新たにリードギターとして加入した。

アルバムは、全米アルバムチャートで最高121位。また、日本のオリコンチャートでは最高9位を記録。

ミュージックビデオは、ホームパーティで盛り上がる様子とゼブラヘッドのバンドパフォーマンスをテンポのいいカット割りで映した、楽しい内容になっています。

コール・ユア・フレンズ

Zebrahead/ゼブラヘッド『Nothing to Lose』

220px-GetNice_Zebrahead.jpg2011年にリリースされた9thアルバム『Get Nice!(ゲット・ナイス!)』に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。アルバムの2曲目に収録。

ミュージックビデオは、ゼブラヘッドのライブパフォーマンス映像を編集した内容になっています。

ゲット・ナイス!


Zebrahead/ゼブラヘッド『Truck Stops and Tail Lights』

220px-GetNice_Zebrahead.jpg2011年にリリースされた9thアルバム『Get Nice!(ゲット・ナイス!)』に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。アルバムの9曲目に収録。

ミュージックビデオは、ゼブラヘッドのライブパフォーマンス映像を編集した内容になっています。

ゲット・ナイス!


Zebrahead/ゼブラヘッド『Nudist Priest』

220px-GetNice_Zebrahead.jpg2011年にリリースされた9thアルバム『Get Nice!(ゲット・ナイス!)』に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。アルバムの7曲目に収録。

ミュージックビデオは、ゼブラヘッドのライブパフォーマンス映像を編集した内容になっています。

ゲット・ナイス!


Zebrahead/ゼブラヘッド『Blackout』

220px-GetNice_Zebrahead.jpg2011年にリリースされた9thアルバム『Get Nice!(ゲット・ナイス!)』に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。アルバムの1曲目に収録。

ミュージックビデオは、ゼブラヘッドのライブパフォーマンス映像にバックステージやオフショットの映像を織り交ぜた内容になっています。

ゲット・ナイス!


Zebrahead/ゼブラヘッド『She Don't Wanna Rock』

220px-GetNice_Zebrahead.jpg2011年にリリースされた9thアルバム『Get Nice!(ゲット・ナイス!)』に収録されている。

3rdシングル。アルバムの3曲目に収録されている。

ミュージックビデオは、ボーカルのマッティ・ルイスが演じるロックバンドをやっている夫と、ロックが嫌いな妻の日常のやり取りを描いた内容になっていて、ゼブラヘッドのメンバーはロックバンドのメンバーとして出演しています。

ゲット・ナイス!


Zebrahead/ゼブラヘッド『Get Nice!』

220px-GetNice_Zebrahead.jpg2011年にリリースされた9thアルバム『Get Nice!(ゲット・ナイス!)』に収録されている。

2ndシングル。ビルボードのジャパン・ホット100で最高76位。

ミュージックビデオは、様々なパフォーマーが出演するTV番組が舞台になっていて、そこでゼブラヘッドもバンドパフォーマンスをするという内容です。わざと画質処理を古くした「1970'sバージョン」もあります。

ゲット・ナイス!


Zebrahead/ゼブラヘッド『Ricky Bobby』

220px-GetNice_Zebrahead.jpg2011年にリリースされた9thアルバム『Get Nice!(ゲット・ナイス!)』に収録されている。

ファーストシングル。アルバムの4曲目に収録されている。

今回のアルバムは、全米アルバムチャートで最高122位。また、日本のオリコンチャートでは最高10位を記録。

ミュージックビデオは、ゼブラヘッドのバンドパフォーマンスとメンバーがマスクを被ってパフォーマンスする映像などを映した内容になっています。

ゲット・ナイス!

SNS
洋楽ロック アーティスト
A
The All-American Rejects/オール・アメリカン・リジェクツ
Aphex Twin/エイフェックス・ツイン
Arcade Fire/アーケイド・ファイア
Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ
Atoms For Peace/アトムス・フォー・ピース

B
Beady Eye/ビーディ・アイ
Beck/ベック
Bjork/ビョーク
Blink-182/ブリンク182
Blur/ブラー
Bring Me the Horizon/ブリング・ミー・ザ・ホライズン
Bullet for My Valentine/ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン

C
The Chemical Brothers/ケミカル・ブラザーズ
COLDPLAY/コールドプレイ

D
Daft Punk/ダフト・パンク
Deftones/デフトーンズ

E
Evanescence/エヴァネッセンス

F
Fall Out Boy/フォール・アウト・ボーイ
Foo Fighters/フー・ファイターズ
Franz Ferdinand/フランツ・フェルディナンド

G
Gorillaz/ゴリラズ
Green Day/グリーン・デイ

H
Hoobastank/フーバスタンク

I
Imagine Dragons/イマジン・ドラゴンズ

J
Jimmy Eat World/ジミー・イート・ワールド

K
The Killers/ザ・キラーズ
KoRn/コーン

L
Limp Bizkit/リンプ・ビズキット
LINKIN PARK/リンキン・パーク

M
Marilyn Manson/マリリン・マンソン
Metallica/メタリカ
MEW/ミュー
MUSE/ミューズ
My Bloody Valentine/マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン
My Chemical Romance/マイ・ケミカル・ロマンス

N
New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー
Nickelback/ニッケルバック
Nine Inch Nails/ナイン・インチ・ネイルズ
The 1975/ザ・ナインティーンセヴンティファイヴ
Nirvana/ニルヴァーナ
Noel Gallagher's High Flying Birds/ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ

O
Oasis/オアシス
The Offspring/オフスプリング

P
Panic! at the Disco/パニック!アット・ザ・ディスコ
Paramore/パラモア
A Perfect Circle/ア・パーフェクト・サークル
Pixies/ピクシーズ
The Prodigy/ザ・プロディジー

R
RADIOHEAD/レディオヘッド
Rage Against the Machine/レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
RANCID/ランシド
Red Hot Chili Peppers/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

S
Sigur Rós/シガー・ロス
Simple Plan/シンプル・プラン
Slipknot/スリップノット
The Smashing Pumpkins/スマッシング・パンプキンズ
Snow Patrol/スノウ・パトロール
Stereophonics/ステレオフォニックス
The Stone Roses/ザ・ストーン・ローゼズ
The Strokes/ザ・ストロークス
Sum 41/サム・フォーティーワン
System Of A Down/システム・オブ・ア・ダウン

T
Thirty Seconds to Mars/サーティー・セカンズ・トゥー・マーズ
Tool/トゥール
Two Door Cinema Club/トゥー・ドア・シネマ・クラブ

U
Underworld/アンダーワールド

V
The Verve/ザ・ヴァーヴ
Vampire Weekend/ヴァンパイア・ウィークエンド

W
Weezer/ウィーザー
The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス

Z
Zebrahead/ゼブラヘッド
NEW RELEASE -最新アルバム-
Fall_Out_Boy_-_Mania.png
Fall Out Boy/フォール・アウト・ボーイ『Mania』
2017年9月リリース

ミュージックビデオ
・Young And Menace
Feed_the_Machine_(Nickelback).jpg
Nickelback/ニッケルバック『Feed the Machine』
2017年6月リリース

ミュージックビデオ
・Feed the Machine
Linkin_Park_7th_album.jpg
LINKIN PARK/リンキンパーク 『One More Light』
2017年5月リリース

ミュージックビデオ
・Heavy
After_Laughter_Paramore_album_cover.png
Paramore/パラモア『After Laughter』
2017年5月リリース

ミュージックビデオ
・Hard Times
HumanzGorillaz.png
Gorillaz/ゴリラズ『Humanz』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・Saturnz Barz
201702181444339e7.jpg
New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Make Me Sick』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・Happy Being Miserable
Visuals.jpeg
MEW/ミュー『Visuals』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・85 Videos
・Twist Quest
・In A Better Place
Metallica_Hardwired_To_Self-Destruct_2016.jpeg
Metallica/メタリカ『Hardwired... to Self-Destruct』
2016年11月リリース

ミュージックビデオ
・Hardwired
・Atlas, Rise!
・Now That We're Dead
・Moth Into Flame
・Dream No More
・Halo On Fire
・Confusion
・ManUNkind
・Here Comes Revenge
・Am I Savage?
・Murder One
・Spit Out the Bone
201609171511493dd.jpg
Green Day/グリーン・デイ『Revolution Radio』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Bang Bang
・Still Breathing
Korn-The_Serenity_of_Suffering-album_cover.jpg
KoRn/コーン『The Serenity of Suffering』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Rotting In Vain
・Insane
・A Different World
・Take Me
13_Voices_album_artwork.png
Sum 41/サム・フォーティーワン『13 Voices』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Fake My Own Death
・War
Gameshow_album_art.jpg
Two Door Cinema Club/トゥー・ドア・シネマ・クラブ『Gameshow』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Are We Ready? (Wreck)
・Bad Decisions
300px-Integrity_Blues.jpg
Jimmy Eat World/ジミー・イート・ワールド『Integrity Blues』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Sure and Certain
2016091015314602b.jpg
Pixies/ピクシーズ『Head Carrier』
2016年9月リリース

ミュージックビデオ
・Tenement Song
・Um Chagga Lagga
・Classic Masher
Blink-182_-_Calfornia.jpg
Blink-182/ブリンク182『California』
2016年7月リリース

ミュージックビデオ
・Bored to Death
Thegetawayalbum.jpg
Red Hot Chili Peppers/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ『The Getaway』
2016年6月リリース

ミュージックビデオ
・Dark Necessities
・Go Robot
・Sick Love
・Goodbye Angels
A_Moon_Shaped_Pool.jpg
RADIOHEAD/レディオヘッド『A Moon Shaped Pool』
2016年6月リリース

ミュージックビデオ
・Daydreaming
・Burn The Witch
・Present Tense
・The Numbers