洋楽ロック・邦ロックの人気動画やおすすめミュージックビデオを無料視聴/試聴出来るサイトです。




New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Happy Being Miserable』

Makes Me Sick2017年にリリースの9thアルバム『Makes Me Sick(メイク・ミー・シック)』に収録されている。

ファーストシングル。

ミュージックビデオは、手を使わずにパイを食べる早食い競技場で起こる出来事を、NFGのバンドパフォーマンスと共に、映し出した内容になっています。

メイク・ミー・シック

New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Ready and Willing II』

NFG_Resurrection.jpg2015年にリリースの8thアルバム『Resurrection』のリイシュー盤『Resurrection: Ascension』に収録。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。アルバムの5曲目に収録。

ミュージックビデオは、様々な人たちがNFGのコピーバンドをしている映像に合わせてリリックがカラオケ風に表示されるという内容になっています。


New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Vicious Love』

NFG_Resurrection.jpg2015年にリリースの8thアルバム『Resurrection』のリイシュー盤『Resurrection: Ascension』に収録。

5thシングル。この曲は、パラモアのヘイリー・ウィリアムスをフィーチャーした曲。

ミュージックビデオは、タトゥーショップでの様子とニュー・ファウンド・グローリーのバンドパフォーマンス映像を映した内容で、ヘイリー・ウィリアムスも出演しています。


New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『One More Round』

NFG_Resurrection.jpg2014年にリリースされた8thアルバム「Resurrection(レザレクション)」に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。アルバムの5曲目に収録。

PVは、真っ白い部屋でニュー・ファウンド・グローリーのメンバーがバンド演奏している途中で、次々とメンバーに暴行を加える人たちが現れて、メンバーは血まみれになりながらも演奏を続けるという内容になっています。

レザレクション
レザレクション(CD+4 limited edition NFG art cards)


New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Stubborn』

NFG_Resurrection.jpg2014年にリリースされた8thアルバム「Resurrection(レザレクション)」に収録されている。

3rdシングル。アルバムの11曲目に収録されている。この曲は、ベイサイド(Bayside)のアンソニー・ラナリーをフィーチャした曲。

PVは、ニュー・ファウンド・グローリーのライブパフォーマンス映像を編集した内容になっています。

レザレクション
レザレクション(CD+4 limited edition NFG art cards)


New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Ready and Willing』

NFG_Resurrection.jpg2014年にリリースされた8thアルバム「Resurrection(レザレクション)」に収録されている。

2ndシングル。アルバムの4曲目に収録されている。

PVは、ニュー・ファウンド・グローリーの役を若い4人組の男性が演じていて、ファンからキャーキャー言われたりアイドルのような生活を描いた内容になっています。

レザレクション
レザレクション(CD+4 limited edition NFG art cards)


New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Selfless』

NFG_Resurrection.jpg2014年にリリースされた8thアルバム「Resurrection(レザレクション)」に収録されている。

ファーストシングル。アルバムの1曲目に収録されている。

アルバムは、全米アルバムチャートで最高25位。全英74位を記録。

PVは、ニュー・ファウンド・グローリーのバンドパフォーマンス映像です。

レザレクション
レザレクション(CD+4 limited edition NFG art cards)

New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Connect the Dots』

220px-NFG_killitlive.jpg2013年にリリースされたライブアルバム「Kill It Live(キル・イット・ライブ)」に収録されている。

今回のライブアルバム用にリリースされたシングル。アルバムの19曲目に収録されている。

PVは、アメフトの試合でニュー・ファウンド・グローリーのチームが相手チームと対戦する様子を描いていて、ボールの代わりに花を持って女性に渡せばゴールという内容になっています。

キル・イット・ライブ

New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Summer Fling, Don't Mean a Thing』

220px-NFGradiosurgery.jpg2011年にリリースされた7thアルバム「Radiosurgery(レディオサージュリー)」に収録されている。

3rdシングル。アルバムの7曲目に収録されている。

PVは、海辺の砂浜に置かれた小さい段ボールの家の中でニュー・ファウンド・グローリーのメンバーが暮らしているという設定で、水着の美女に覗かれたり、犬におしっこをかけられたりするという内容です。

レディオサージュリー


New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Anthem for the Unwanted』

220px-NFGradiosurgery.jpg2011年にリリースされた7thアルバム「Radiosurgery(レディオサージュリー)」に収録されている。

2ndシングル。アルバムの2曲目に収録されている。

PVは、ニュー・ファウンド・グローリーのライブパフォーマンス映像とライブ会場の様子やファンの様子などを映した内容になっています。

レディオサージュリー


New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Radiosurgery』

220px-NFGradiosurgery.jpg2011年にリリースされた7thアルバム「Radiosurgery(レディオサージュリー)」に収録されている。

ファーストシングル。アルバムの1曲目に収録されている。

アルバムは、全米アルバムチャートで最高26位。全英142位を記録。

PVは、狭い通路でニュー・ファウンド・グローリーのメンバーが演奏する後ろで、様々なキャラやコスプレした人たちがノリノリで騒いでいるという内容になっています。

レディオサージュリー

New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Truck Stop Blues』

220px-NotWithoutAFight.jpg2009年にリリースされた6thアルバム「Not Without A Fight(ノット・ウィズアウト・ア・ファイト)」に収録されている。

3rdシングル。アルバムの5曲目に収録されている。

PVは、ガソリンスタンドでニュー・ファウンド・グローリーがバンドパフォーマンスする映像に、アニメーションを織り交ぜたポップな作りになっています。

ノット・ウィズアウト・ア・ファイト(期間生産限定盤)


New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Don't Let Her Pull You Down』

220px-NotWithoutAFight.jpg2009年にリリースされた6thアルバム「Not Without A Fight(ノット・ウィズアウト・ア・ファイト)」に収録されている。

2ndシングル。アルバムの2曲目に収録されている。

PVは、カップルが家でゾンビ映画のDVDを見るシーンから始まります。

そのDVDの中でニュー・ファウンド・グローリーがバンド演奏しているとゾンビに襲われ、逆にゾンビがバンド演奏を始めるという内容。最後にはしっかりオチもあります。

監督は、こちらもマイアート・エイビス。

ノット・ウィズアウト・ア・ファイト(期間生産限定盤)


New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Listen to Your Friends』

220px-NotWithoutAFight.jpg2009年にリリースされた6thアルバム「Not Without A Fight(ノット・ウィズアウト・ア・ファイト)」に収録されている。

ファーストシングル。アルバムの3曲目に収録されている。

アルバムは、全米アルバムチャートで最高12位。全英83位を記録。

PVは、格闘技のリング上でニュー・ファウンド・グローリーがバンド演奏する映像と、リングで戦う映像が交互に映される内容になっていて、NFGのメンバーも戦っています。

監督は、4thアルバム『Catalyst』収録の「Failure's Not Flattering」のミュージックビデオなどを手がけたマイアート・エイビス。

ノット・ウィズアウト・ア・ファイト(期間生産限定盤)

New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Dig My Own Grave』

220px-NFG_-_Tip_of_the_Iceberg.jpg2008年にリリースされたEP「Tip of the Iceberg(チップ・オブ・ジ・アイスバーグ)」に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。EPの2曲目に収録。

PVは、ニュー・ファウンド・グローリーのバンドパフォーマンス映像と、ギャング風の格好に銃を持ったメンバーが街行く人たちに悪ふざけをする映像が交互に映される内容になっています。

チップ・オブ・ジ・アイスバーグ(初回限定盤)

SNS
洋楽ロック アーティスト
A
The All-American Rejects/オール・アメリカン・リジェクツ
Aphex Twin/エイフェックス・ツイン
Arcade Fire/アーケイド・ファイア
Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ
Atoms For Peace/アトムス・フォー・ピース

B
Beady Eye/ビーディ・アイ
Beck/ベック
Bjork/ビョーク
Blink-182/ブリンク182
Blur/ブラー
Bring Me the Horizon/ブリング・ミー・ザ・ホライズン
Bullet for My Valentine/ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン

C
The Chemical Brothers/ケミカル・ブラザーズ
COLDPLAY/コールドプレイ

D
Daft Punk/ダフト・パンク
Deftones/デフトーンズ

E
Evanescence/エヴァネッセンス

F
Fall Out Boy/フォール・アウト・ボーイ
Foo Fighters/フー・ファイターズ
Franz Ferdinand/フランツ・フェルディナンド

G
Gorillaz/ゴリラズ
Green Day/グリーン・デイ

H
Hoobastank/フーバスタンク

I
Imagine Dragons/イマジン・ドラゴンズ

J
Jimmy Eat World/ジミー・イート・ワールド

K
The Killers/ザ・キラーズ
KoRn/コーン

L
Limp Bizkit/リンプ・ビズキット
LINKIN PARK/リンキン・パーク

M
Marilyn Manson/マリリン・マンソン
Metallica/メタリカ
MEW/ミュー
MUSE/ミューズ
My Bloody Valentine/マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン
My Chemical Romance/マイ・ケミカル・ロマンス

N
New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー
Nickelback/ニッケルバック
Nine Inch Nails/ナイン・インチ・ネイルズ
The 1975/ザ・ナインティーンセヴンティファイヴ
Nirvana/ニルヴァーナ
Noel Gallagher's High Flying Birds/ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ

O
Oasis/オアシス
The Offspring/オフスプリング

P
Panic! at the Disco/パニック!アット・ザ・ディスコ
Paramore/パラモア
A Perfect Circle/ア・パーフェクト・サークル
Pixies/ピクシーズ
The Prodigy/ザ・プロディジー

R
RADIOHEAD/レディオヘッド
Rage Against the Machine/レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
RANCID/ランシド
Red Hot Chili Peppers/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

S
Sigur Rós/シガー・ロス
Simple Plan/シンプル・プラン
Slipknot/スリップノット
The Smashing Pumpkins/スマッシング・パンプキンズ
Snow Patrol/スノウ・パトロール
Stereophonics/ステレオフォニックス
The Stone Roses/ザ・ストーン・ローゼズ
The Strokes/ザ・ストロークス
Sum 41/サム・フォーティーワン
System Of A Down/システム・オブ・ア・ダウン

T
Thirty Seconds to Mars/サーティー・セカンズ・トゥー・マーズ
Tool/トゥール
Two Door Cinema Club/トゥー・ドア・シネマ・クラブ

U
Underworld/アンダーワールド

V
The Verve/ザ・ヴァーヴ
Vampire Weekend/ヴァンパイア・ウィークエンド

W
Weezer/ウィーザー
The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス

Z
Zebrahead/ゼブラヘッド
NEW RELEASE -最新アルバム-
Feed_the_Machine_(Nickelback).jpg
Nickelback/ニッケルバック『Feed the Machine』
2017年6月リリース

ミュージックビデオ
・Feed the Machine
Linkin_Park_7th_album.jpg
LINKIN PARK/リンキンパーク 『One More Light』
2017年5月リリース

ミュージックビデオ
・Heavy
After_Laughter_Paramore_album_cover.png
Paramore/パラモア『After Laughter』
2017年5月リリース

ミュージックビデオ
・Hard Times
HumanzGorillaz.png
Gorillaz/ゴリラズ『Humanz』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・Saturnz Barz
201702181444339e7.jpg
New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Make Me Sick』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・Happy Being Miserable
Visuals.jpeg
MEW/ミュー『Visuals』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・85 Videos
・Twist Quest
Metallica_Hardwired_To_Self-Destruct_2016.jpeg
Metallica/メタリカ『Hardwired... to Self-Destruct』
2016年11月リリース

ミュージックビデオ
・Hardwired
・Atlas, Rise!
・Now That We're Dead
・Moth Into Flame
・Dream No More
・Halo On Fire
・Confusion
・ManUNkind
・Here Comes Revenge
・Am I Savage?
・Murder One
・Spit Out the Bone
201609171511493dd.jpg
Green Day/グリーン・デイ『Revolution Radio』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Bang Bang
・Still Breathing
Korn-The_Serenity_of_Suffering-album_cover.jpg
KoRn/コーン『The Serenity of Suffering』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Rotting In Vain
・Insane
・A Different World
・Take Me
13_Voices_album_artwork.png
Sum 41/サム・フォーティーワン『13 Voices』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Fake My Own Death
・War
Gameshow_album_art.jpg
Two Door Cinema Club/トゥー・ドア・シネマ・クラブ『Gameshow』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Are We Ready? (Wreck)
・Bad Decisions
300px-Integrity_Blues.jpg
Jimmy Eat World/ジミー・イート・ワールド『Integrity Blues』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Sure and Certain
2016091015314602b.jpg
Pixies/ピクシーズ『Head Carrier』
2016年9月リリース

ミュージックビデオ
・Tenement Song
・Um Chagga Lagga
・Classic Masher
Blink-182_-_Calfornia.jpg
Blink-182/ブリンク182『California』
2016年7月リリース

ミュージックビデオ
・Bored to Death
Thegetawayalbum.jpg
Red Hot Chili Peppers/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ『The Getaway』
2016年6月リリース

ミュージックビデオ
・Dark Necessities
・Go Robot
・Sick Love
A_Moon_Shaped_Pool.jpg
RADIOHEAD/レディオヘッド『A Moon Shaped Pool』
2016年6月リリース

ミュージックビデオ
・Daydreaming
・Burn The Witch
・Present Tense
・The Numbers