洋楽ロック・邦ロックの人気動画やおすすめミュージックビデオを無料視聴/試聴出来るサイトです。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 TB(-) | CM(-)

Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ『Snap Out of It』

am.jpeg2013年にリリースされた5thアルバム「AM(エー・エム)」に収録されている。

6thシングル。英国シングルチャートで最高82位。

PVは、アレックスの元恋人役の女性が主人公で、失恋から立ち直っていく様子を描いているだろうという内容。
途中でメンバーのレコーディング風景がインサートされます。

監督は、アークティック・モンキーズの数々のビデオを手がけるフォーカス・クリープス。

AM

スポンサーサイト

Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ『Arabella』

am.jpeg2013年にリリースされた5thアルバム「AM(エー・エム)」に収録されている。

5thシングル。英国シングルチャートで最高70位。

2014年にはNMEアワード2014で5つの賞を総なめにし、日本でも「サマーソニック14」にヘッドライナーとして出演。

PVは、こちらもモノクロの映像でアークティック・モンキーズのバンドパフォーマンスがメインになっています。

監督は、システム・オブ・ア・ダウンの「B.Y.O.B.」のビデオなども手がけるジェイク・ナヴァ。

AM

Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ『One for the Road』

am.jpeg2013年にリリースされた5thアルバム「AM(エー・エム)」に収録されている。

4thシングル。英国シングルチャートで最高112位。

ミュージックビデオは全編モノクロで描かれていて、ギターのジェイミー・クックがトラクターを運転したり、複数の美女や花火などを使った内容になっています。

監督は、「R U Mine?」など複数のアークティック・モンキーズのMVを手がけたフォーカス・クリープス。

AM

Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ『Why'd You Only Call Me When You're High?』

am.jpeg2013年にリリースされた5thアルバム「AM(エー・エム)」に収録されている。

3rdシングル。英国シングルチャートで最高8位。

PVはショートムービーになっていて、アレックスがパブで酒に酔いステファニーと呼ばれる女の子に何度もメールする。それからパブを出るが、その途中に何度もステファニーがセックスをする幻覚を観て、アレックスは彼女の家に行くが‥。

監督は、カニエ・ウェストやダフト・パンクなどのビデオも手がけるNabil Elderkin。日本語字幕付きバージョンもあります。

AM

Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ『Do I Wanna Know?』

am.jpeg2013年にリリースされた5thアルバム「AM(エー・エム)」に収録されている。

2ndシングル。全英シングルチャートで最高66位。

前年の2012年には、ロンドンオリンピックの開会式で「I Bet You Look Good on the Dancefloor」とビートルズの「Come Together」の2曲を選手入場終了直後に演奏した。

PVは全編アニメーションで描かれていて、黒の背景に一本の白い線が引かれてサウンドと同機して線が動くという内容。後半の方には他のアニメーションなども出てきます。

監督は、アーケイド・ファイア「We Exist」のビデオなども手がけるデイビッド・ウィルソン。

AM


Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ『R U Mine?』

am.jpeg2013年にリリースされた5thアルバム「AM(エー・エム)」に収録されている。

ファーストシングル。全英シングルチャートで最高23位。

アルバムは、全英アルバムチャートにてデビュー作から5作連続で1位を記録。

PVは全編モノクロで描かれていて、車の中でアレックス・ターナーが歌い、最終的には車から外に出てバンド演奏をするという内容。ラジオDJは元セックスピストルズのスティーヴ・ジョーンズ。

AM

Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ『Black Treacle』

suckitandsee.jpeg2011年にリリースされた4thアルバム「Suck It and See(サック・イット・アンド・シー)」に収録されている。

4thシングル。全英シングルチャートで最高173位。

ミュージックビデオは「Suck It And See」「Evil Twin」に続きドラムのマット・ヘルダースが主演している。

前作2つのビデオでは、マットの逃避行がメインの内容だったが、今回はなぜ逃避行に至ったかの経緯を描いた内容になっています。今回は他のメンバーも出演してます。

シングルB面曲の「You and I」のミュージックビデオもあります。

サック・イット・アンド・シー


Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ『Suck It and See』

suckitandsee.jpeg2011年にリリースされた4thアルバム「Suck It and See(サック・イット・アンド・シー)」に収録されている。

3rdシングル。全英シングルチャートで最高149位。

ミュージックビデオはドラムのマット・ヘルダース演じるバイカーと、その恋人を中心に物語が展開されていて、いかにもアメリカ的な内容になっています。

最近バンドの音がアメリカンナイズドされていると批判されたため、あえて皮肉った作りにしたと言われていて、シングルB面曲の「Evil Twin」のビデオもストーリーが繋がってます。

サック・イット・アンド・シー

Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ『The Hellcat Spangled Shalalala』

suckitandsee.jpeg2011年にリリースされた4thアルバム「Suck It and See(サック・イット・アンド・シー)」に収録されている。

2ndシングル。アルバムのプロデューサーは前作からの流れでジェイムス・フォード。

ミュージックビデオは目まぐるしくカット割りされ、様々な映像が映し出される内容で、色彩や映像の雰囲気などもカットによって全然違います。メンバーの様子やライブ映像、このビデオ用にモデルの美女も出演しています。

サック・イット・アンド・シー

Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ『Don't Sit Down 'Cause I've Moved Your Chair』

suckitandsee.jpeg2011年にリリースされた4thアルバム「Suck It and See(サック・イット・アンド・シー)」に収録されている。

ファーストシングル。英国シングルチャートで最高28位。

日本では、この年に「フジロック・フェスティバル2011」にセカンド・ヘッドライナーとして出演している。

PVは、80年代風の映像加工でバンド演奏が映し出され、途中メンバーがドライブしている映像などがインサートされるという内容になっています。

サック・イット・アンド・シー

Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ『Brick by Brick』

suckitandsee.jpeg2011年にリリースされた4thアルバム「Suck It and See(サック・イット・アンド・シー)」に収録されている。

シングルカットはされていない。アルバムの3曲目に収録されている。

アルバムは全英アルバムチャートで1位。全米14位。日本では12位を記録している。

PVは少女がレコードをかけるシーンから始まり、夕焼けの景色やレコードを製造している映像などが流れるという内容になっています。

サック・イット・アンド・シー


Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ『My Propeller』

humbug.jpeg2009年にリリースされた3rdアルバム「Humbug(ハムバグ)」に収録されている。

3rdシングル。全英シングルチャートで最高90位。

アルバムのプロデューサーは「クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ」のジョシュ・オムとイギリスのテクノデュオ「シミアン・モバイル・ディスコ」のジェイムス・フォード。

ミュージックビデオは白とグレーを基調に、絵のような映像加工でバンド演奏をしているという内容です。

ハムバグ

Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ『Cornerstone』

humbug.jpeg2009年にリリースされた3rdアルバム「Humbug(ハムバグ)」に収録されている。

2ndシングル。英国シングルチャートで最高94位。

PVは、ギターボカールのアレックス・ターナーが白い部屋で、一人でヘッドホンを付けてマイクで歌っているという内容。他のメンバーは出ていません。

監督は、こちらもリチャード・アイオアディ。

ハムバグ

Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ『Crying Lightning』

humbug.jpeg2009年にリリースされた3rdアルバム「Humbug(ハムバグ)」に収録されている。

ファーストシングル。全英シングルチャートで最高12位。

アルバムのタイトルである「humbug」とはイギリスで売られているキャンディの名称だそう。

PVは小さな舟にメンバーが乗り、海を航海しながらバンド演奏しているという内容になっています。

監督は2ndアルバムの「Fluorescent Adolescent」と同じ監督でリチャード・アイオアディ。

ハムバグ

Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ『Teddy Picker』

favouriteworstnightmare.jpeg2007年にリリースされた2ndアルバム「Favourite Worst Nightmare(フェイヴァリット・ワースト・ナイトメアー)」に収録されている。

3rdシングル。英国シングルチャートで最高20位。

ミュージックビデオは、スタジオでアークティック・モンキーズがバンドパフォーマンスする映像をメインに、メンバーのオフショットなどがインサートされる内容になっています。

監督は、ザ・ストロークス「Last Nite」なども手がけるアメリカの映像監督ロマン・コッポラ。

フェイヴァリット・ワースト・ナイトメアー

SNS
洋楽ロック アーティスト
A
The All-American Rejects/オール・アメリカン・リジェクツ
Aphex Twin/エイフェックス・ツイン
Arcade Fire/アーケイド・ファイア
Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ
Atoms For Peace/アトムス・フォー・ピース

B
Beady Eye/ビーディ・アイ
Beck/ベック
Bjork/ビョーク
Blink-182/ブリンク182
Blur/ブラー
Bring Me the Horizon/ブリング・ミー・ザ・ホライズン
Bullet for My Valentine/ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン

C
The Chemical Brothers/ケミカル・ブラザーズ
COLDPLAY/コールドプレイ

D
Daft Punk/ダフト・パンク
Deftones/デフトーンズ

E
Evanescence/エヴァネッセンス

F
Fall Out Boy/フォール・アウト・ボーイ
Foo Fighters/フー・ファイターズ
Franz Ferdinand/フランツ・フェルディナンド

G
Gorillaz/ゴリラズ
Green Day/グリーン・デイ

H
Hoobastank/フーバスタンク

I
Imagine Dragons/イマジン・ドラゴンズ

J
Jimmy Eat World/ジミー・イート・ワールド

K
The Killers/ザ・キラーズ
KoRn/コーン

L
Limp Bizkit/リンプ・ビズキット
LINKIN PARK/リンキン・パーク

M
Marilyn Manson/マリリン・マンソン
Metallica/メタリカ
MEW/ミュー
MUSE/ミューズ
My Bloody Valentine/マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン
My Chemical Romance/マイ・ケミカル・ロマンス

N
New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー
Nickelback/ニッケルバック
Nine Inch Nails/ナイン・インチ・ネイルズ
The 1975/ザ・ナインティーンセヴンティファイヴ
Nirvana/ニルヴァーナ
Noel Gallagher's High Flying Birds/ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ

O
Oasis/オアシス
The Offspring/オフスプリング

P
Panic! at the Disco/パニック!アット・ザ・ディスコ
Paramore/パラモア
A Perfect Circle/ア・パーフェクト・サークル
Pixies/ピクシーズ
The Prodigy/ザ・プロディジー

R
RADIOHEAD/レディオヘッド
Rage Against the Machine/レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
RANCID/ランシド
Red Hot Chili Peppers/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

S
Sigur Rós/シガー・ロス
Simple Plan/シンプル・プラン
Slipknot/スリップノット
The Smashing Pumpkins/スマッシング・パンプキンズ
Snow Patrol/スノウ・パトロール
Stereophonics/ステレオフォニックス
The Stone Roses/ザ・ストーン・ローゼズ
The Strokes/ザ・ストロークス
Sum 41/サム・フォーティーワン
System Of A Down/システム・オブ・ア・ダウン

T
Thirty Seconds to Mars/サーティー・セカンズ・トゥー・マーズ
Tool/トゥール
Two Door Cinema Club/トゥー・ドア・シネマ・クラブ

U
Underworld/アンダーワールド

V
The Verve/ザ・ヴァーヴ
Vampire Weekend/ヴァンパイア・ウィークエンド

W
Weezer/ウィーザー
The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス

Z
Zebrahead/ゼブラヘッド
NEW RELEASE -最新アルバム-
Fall_Out_Boy_-_Mania.png
Fall Out Boy/フォール・アウト・ボーイ『Mania』
2017年9月リリース

ミュージックビデオ
・Young And Menace
20170722144708644.jpg
Arcade Fire/アーケイド・ファイア『Everything Now』
2017年7月リリース

ミュージックビデオ
・Everything Now
・Creature Comfort
・Signs of Life
oknotok.jpg
RADIOHEAD/レディオヘッド『OKNOTOK』
2017年6月リリース

ミュージックビデオ
・I Promise
・Man of War
Feed_the_Machine_(Nickelback).jpg
Nickelback/ニッケルバック『Feed the Machine』
2017年6月リリース

ミュージックビデオ
・Feed the Machine
Linkin_Park_7th_album.jpg
LINKIN PARK/リンキンパーク 『One More Light』
2017年5月リリース

ミュージックビデオ
・Heavy
After_Laughter_Paramore_album_cover.png
Paramore/パラモア『After Laughter』
2017年5月リリース

ミュージックビデオ
・Hard Times
HumanzGorillaz.png
Gorillaz/ゴリラズ『Humanz』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・Saturnz Barz
201702181444339e7.jpg
New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Make Me Sick』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・Happy Being Miserable
Visuals.jpeg
MEW/ミュー『Visuals』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・85 Videos
・Twist Quest
・In A Better Place
Metallica_Hardwired_To_Self-Destruct_2016.jpeg
Metallica/メタリカ『Hardwired... to Self-Destruct』
2016年11月リリース

ミュージックビデオ
・Hardwired
・Atlas, Rise!
・Now That We're Dead
・Moth Into Flame
・Dream No More
・Halo On Fire
・Confusion
・ManUNkind
・Here Comes Revenge
・Am I Savage?
・Murder One
・Spit Out the Bone
201609171511493dd.jpg
Green Day/グリーン・デイ『Revolution Radio』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Bang Bang
・Still Breathing
・Revolution Radio
Korn-The_Serenity_of_Suffering-album_cover.jpg
KoRn/コーン『The Serenity of Suffering』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Rotting In Vain
・Insane
・A Different World
・Take Me
・Black Is the Soul
13_Voices_album_artwork.png
Sum 41/サム・フォーティーワン『13 Voices』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Fake My Own Death
・War
Gameshow_album_art.jpg
Two Door Cinema Club/トゥー・ドア・シネマ・クラブ『Gameshow』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Are We Ready? (Wreck)
・Bad Decisions
300px-Integrity_Blues.jpg
Jimmy Eat World/ジミー・イート・ワールド『Integrity Blues』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Sure and Certain
2016091015314602b.jpg
Pixies/ピクシーズ『Head Carrier』
2016年9月リリース

ミュージックビデオ
・Tenement Song
・Um Chagga Lagga
・Classic Masher
Blink-182_-_Calfornia.jpg
Blink-182/ブリンク182『California』
2016年7月リリース

ミュージックビデオ
・Bored to Death


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。