洋楽ロック・邦ロックの人気動画やおすすめミュージックビデオを無料視聴/試聴出来るサイトです。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 TB(-) | CM(-)

Marilyn Manson/マリリン・マンソン『Third Day of a Seven Day Binge』

Marilyn_Manson_-_The_Pale_Emperors.jpeg2015年にリリースされた9thアルバム「The Pale Emperor(ザ・ペイル・エンペラー)」に収録されている。

ファーストプロモーショナル・シングル。アルバムの3曲目に収録。

ミュージックビデオは、マリリン・マンソンが様々なメイクやコスチュームで歌う映像がメインで映されています。

ザ・ペイル・エンペラー~デラックス・エディション【完全生産限定盤/3曲追加/超豪華特殊パッケージ/SHM-CD】

スポンサーサイト

Marilyn Manson/マリリン・マンソン『The Mephistopheles of Los Angeles』

Marilyn_Manson_-_The_Pale_Emperor.jpeg2015年にリリースされた9thアルバム「The Pale Emperor(ザ・ペイル・エンペラー)」に収録されている。

3rdプローモーショナル・シングル。アルバムの4曲目に収録。

ミュージックビデオは全編モノクロで描かれていて、凶悪そうな人間達の前でマンソンが崇めるような内容になっています。

監督は、イタリア人フォトグラファーのフランチェスコ・カロッツィーニ。

ザ・ペイル・エンペラー~デラックス・エディション【完全生産限定盤/3曲追加/超豪華特殊パッケージ/SHM-CD】

Marilyn Manson/マリリン・マンソン『Deep Six』

Marilyn_Manson_-_The_Pale_Emperor.jpeg2015年にリリースされた9thアルバム「The Pale Emperor(ザ・ペイル・エンペラー)」に収録されている。

2ndシングル。全米ビルボードの「メインストリーム・ロック・チャート」で最高8位。

今回のアルバムは、全米8位。全英16位。日本ではオリコン25位にランクインしている。

PVは、真っ白い空間でカジュアルな衣装を着たマンソンが歌う映像と、黒い掃除機のホースのようなものがうねうねと動いたり、マンソンの顔がその穴から出てきたりするという内容になっています。

ザ・ペイル・エンペラー~デラックス・エディション【完全生産限定盤/3曲追加/超豪華特殊パッケージ/SHM-CD】

Marilyn Manson/マリリン・マンソン『Hey, Cruel World...』

220px-BornVillain.jpg2012年にリリースされた8thアルバム「Born Villain(ボーン・ヴィラン)」に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。アルバムの1曲目に収録。

PVは全編モノクロで描かれていて、マリリン・マンソンのライブパフォーマンス映像などをテンポよく繋ぎ合わせた内容になっています。

ボーン・ヴィラン

Marilyn Manson/マリリン・マンソン『Slo-Mo-Tion』

220px-BornVillain.jpg2012年にリリースされた8thアルバム「Born Villain(ボーン・ヴィラン)」に収録されている。

2ndシングル。カナダのロックチャートで最高43位。

PVは、何パターンかの異なる衣装で歌うマリリン・マンソンの映像がメインで、最後には建物の屋上から銃で自転車に乗っている人を狙う映像で終わります。監督はマリリン・マンソン自身。

ボーン・ヴィラン

Marilyn Manson/マリリン・マンソン『No Reflection』

220px-BornVillain.jpg2012年にリリースされた8thアルバム「Born Villain(ボーン・ヴィラン)」に収録されている。

ファーストシングル。全米ビルボードの「メインストリーム・ロック・チャート」で最高26位。

アルバムは、全米10位。全英14位。日本ではアルバムチャート18位にランクインしている。

PVは、マンソンが好きなクエンティン・デュピュー監督の映画「RUBBER(ラバー)」に出演のロクサンヌ・メスキーダが出演しています。マリリン・マンソンのバンドパフォーマンス映像と、謎の液体や混乱する家族の様子などを描いた内容になっています。

また、2012年に公開された「Autopsy」という動画もあります。グロいので閲覧には注意してください。

ボーン・ヴィラン

Marilyn Manson/マリリン・マンソン『Running to the Edge of the World』

220px-Marilyn_Manson_-_The_High_End_of_Low_cover.jpg2009年にリリースされた7thアルバム「The High End of Low(ザ・ハイ・エンド・オブ・ロウ)」に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。アルバムの7曲目に収録。

PVは、マリリン・マンソンが部屋の中でカメラを設置してその前で歌うという内容で、後半にそこに至までの経緯が描かれています。過激な内容。

監督は、ベストアルバム収録の「Personal Jesus」のビデオも手がけたネイサン・コックスとマリリン・マンソン。

ザ・ハイ・エンド・オブ・ロウ


Marilyn Manson/マリリン・マンソン『Arma-Goddamn-Motherfuckin-Geddon』

220px-Marilyn_Manson_-_The_High_End_of_Low_cover.jpg2009年にリリースされた7thアルバム「The High End of Low(ザ・ハイ・エンド・オブ・ロウ)」に収録されている。

ファーストシングル。全米ビルボードの「メインストリーム・ロック・チャート」で最高37位。

アルバムは、全米4位。全英19位。日本ではオリコン9位にランクインしている。

PVは、ドルマークの付いたセットでマリリン・マンソンが歌う映像を中心に作られています。

ザ・ハイ・エンド・オブ・ロウ

Marilyn Manson/マリリン・マンソン『Putting Holes in Happiness』

220px-Marilyn_Manson_-_Eat_Me_Drink_Me_cover.jpg2007年にリリースされた6thアルバム「Eat Me, Drink Me(イート・ミー、ドリンク・ミー)」に収録されている。

2ndシングル。ドイツのシングルチャートで最高83位。

PVは、マリリン・マンソンのバンドパフォーマンス映像を早いテンポのカット割りで、全体の画は見せずに1人1人に焦点をあてた作りになっています。

イート・ミー、ドリンク・ミー


Marilyn Manson/マリリン・マンソン『Heart-Shaped Glasses (When the Heart Guides the Hand)』

220px-Marilyn_Manson_-_Eat_Me_Drink_Me_cover.jpg2007年にリリースされた6thアルバム「Eat Me, Drink Me(イート・ミー、ドリンク・ミー)」に収録されている。

ファーストシングル。英国シングルチャートで最高19位。全米ビルボードの「モダン・ロック・チャート」で最高24位。

アルバムは、全米8位。全英8位。日本ではオリコン15位にランクインした。

PVは、当時マンソンが付き合っていた女優のエヴァン・レイチェル・ウッドが出演しています。
内容はクラブでマンソンが歌う映像と、恋人役のエヴァン・レイチェル・ウッドと愛し合う映像が交互に映し出されるという内容で、最後は切ない結末が待ってます。

イート・ミー、ドリンク・ミー

Marilyn Manson/マリリン・マンソン『Personal Jesus』

220px-Marilyn_Manson_-_Lest_We_Forget_cover.jpg2004年にリリースされたベストアルバム「Lest We Forget: The Best Of(レスト・ウィ・フォーゲット: ザ・ベスト・オブ)」に収録されている。

ファーストシングル。この曲は、イギリスのエレクトロバンド、デペッシュ・モードのカヴァー。
英国シングルチャートで最高13位。全米ビルボードの「モダン・ロック・チャート」で最高12位。

PVは、何パターンかの衣装でマリリン・マンソンがバンドパフォーマンスする映像がメインで描かれています。

監督は、リンキンパーク「Papercut」のビデオなども手がけるネイサン・コックスとマリリン・マンソン。

レスト・ウィ・フォーゲット: ザ・ベスト・オブ

Marilyn Manson/マリリン・マンソン『(s)AINT』

220px-Marilyn_Manson_-_The_Golden_Age_of_Grotesque.jpg2003年にリリースされた5thアルバム「The Golden Age of Grotesque(ザ・ゴールデン・エイジ・オブ・グロテスク)」に収録されている。

プロモーションシングル。アルバムの7曲目に収録されている。

今回のアルバムは、全米1位。日本でもオリコン5位にランクインしている。

PVはロスのホテルで撮影されたそうで、ドラッグや性的描写などかなり過激な内容になっています。

ザ・ゴールデン・エイジ・オブ・グロテスク


Marilyn Manson/マリリン・マンソン『This Is the New Shit』

220px-Marilyn_Manson_-_The_Golden_Age_of_Grotesque.jpg2003年にリリースされた5thアルバム「The Golden Age of Grotesque(ザ・ゴールデン・エイジ・オブ・グロテスク)」に収録されている。

2ndシングル。英国シングルチャートで最高29位。この曲は、映画「マトリックス・リローデッド」のサウンドトラックにも収録されている。

PVは、マンソンが車でライブ会場に向かうシーンから始まり、その後楽屋でのシーンやステージ上でのパフォーマンスを描いた内容になっています。

ザ・ゴールデン・エイジ・オブ・グロテスク


Marilyn Manson/マリリン・マンソン『Mobscene』

220px-Marilyn_Manson_-_The_Golden_Age_of_Grotesque.jpg2003年にリリースされた5thアルバム「The Golden Age of Grotesque(ザ・ゴールデン・エイジ・オブ・グロテスク)」に収録されている。

ファーストシングル。英国シングルチャートで最高13位。全米ビルボードの「メインストリーム・ロック・チャート」で最高18位。
この曲は、グラミー賞で「ベスト・メタル・パフォーマンス」にノミネートされた曲。

PVは、マリリン・マンソンのバンドパフォーマンス映像と女性ダンサーなどの映像を交互に映した内容になっていて、マリリン・マンソンのPVの中ではカジュアルでポップな作りになっています。

ザ・ゴールデン・エイジ・オブ・グロテスク

Marilyn Manson/マリリン・マンソン『Tainted Love』

notanotherteenmoviesoundtrack.jpeg2001年にリリースされた映画「Not Another Teen Movie(ノット・アナザー・ティーン・ムービー)」のサウンドトラックに収録されている。

グロリア・ジョーンズのカヴァー。英国シングルチャートで最高5位。
この曲は、5thアルバム「The Golden Age of Grotesque」のボーナストラックにも収録されている。

PVは、マリリン・マンソンがハイスクール・パーティに参加するという内容で、親交の深いスリップノットのドラマー、ジョーイ・ジョーディゾンが友情出演しています。

監督は、エミネムのビデオなどを多く手がけるフィリップ・アトウェル。

ノット・アナザー・ティーン・ムーヴィー・サウンドトラック

SNS
洋楽ロック アーティスト
A
The All-American Rejects/オール・アメリカン・リジェクツ
Aphex Twin/エイフェックス・ツイン
Arcade Fire/アーケイド・ファイア
Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ
Atoms For Peace/アトムス・フォー・ピース

B
Beady Eye/ビーディ・アイ
Beck/ベック
Bjork/ビョーク
Blink-182/ブリンク182
Blur/ブラー
Bring Me the Horizon/ブリング・ミー・ザ・ホライズン
Bullet for My Valentine/ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン

C
The Chemical Brothers/ケミカル・ブラザーズ
COLDPLAY/コールドプレイ

D
Daft Punk/ダフト・パンク
Deftones/デフトーンズ

E
Evanescence/エヴァネッセンス

F
Fall Out Boy/フォール・アウト・ボーイ
Foo Fighters/フー・ファイターズ
Franz Ferdinand/フランツ・フェルディナンド

G
Gorillaz/ゴリラズ
Green Day/グリーン・デイ

H
Hoobastank/フーバスタンク

I
Imagine Dragons/イマジン・ドラゴンズ

J
Jimmy Eat World/ジミー・イート・ワールド

K
The Killers/ザ・キラーズ
KoRn/コーン

L
Limp Bizkit/リンプ・ビズキット
LINKIN PARK/リンキン・パーク

M
Marilyn Manson/マリリン・マンソン
Metallica/メタリカ
MEW/ミュー
MUSE/ミューズ
My Bloody Valentine/マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン
My Chemical Romance/マイ・ケミカル・ロマンス

N
New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー
Nickelback/ニッケルバック
Nine Inch Nails/ナイン・インチ・ネイルズ
The 1975/ザ・ナインティーンセヴンティファイヴ
Nirvana/ニルヴァーナ
Noel Gallagher's High Flying Birds/ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ

O
Oasis/オアシス
The Offspring/オフスプリング

P
Panic! at the Disco/パニック!アット・ザ・ディスコ
Paramore/パラモア
A Perfect Circle/ア・パーフェクト・サークル
Pixies/ピクシーズ
The Prodigy/ザ・プロディジー

R
RADIOHEAD/レディオヘッド
Rage Against the Machine/レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
RANCID/ランシド
Red Hot Chili Peppers/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

S
Sigur Rós/シガー・ロス
Simple Plan/シンプル・プラン
Slipknot/スリップノット
The Smashing Pumpkins/スマッシング・パンプキンズ
Snow Patrol/スノウ・パトロール
Stereophonics/ステレオフォニックス
The Stone Roses/ザ・ストーン・ローゼズ
The Strokes/ザ・ストロークス
Sum 41/サム・フォーティーワン
System Of A Down/システム・オブ・ア・ダウン

T
Thirty Seconds to Mars/サーティー・セカンズ・トゥー・マーズ
Tool/トゥール
Two Door Cinema Club/トゥー・ドア・シネマ・クラブ

U
Underworld/アンダーワールド

V
The Verve/ザ・ヴァーヴ
Vampire Weekend/ヴァンパイア・ウィークエンド

W
Weezer/ウィーザー
The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス

Z
Zebrahead/ゼブラヘッド
NEW RELEASE -最新アルバム-
Fall_Out_Boy_-_Mania.png
Fall Out Boy/フォール・アウト・ボーイ『Mania』
2017年9月リリース

ミュージックビデオ
・Young And Menace
20170722144708644.jpg
Arcade Fire/アーケイド・ファイア『Everything Now』
2017年7月リリース

ミュージックビデオ
・Everything Now
・Creature Comfort
・Signs of Life
oknotok.jpg
RADIOHEAD/レディオヘッド『OKNOTOK』
2017年6月リリース

ミュージックビデオ
・I Promise
・Man of War
Feed_the_Machine_(Nickelback).jpg
Nickelback/ニッケルバック『Feed the Machine』
2017年6月リリース

ミュージックビデオ
・Feed the Machine
Linkin_Park_7th_album.jpg
LINKIN PARK/リンキンパーク 『One More Light』
2017年5月リリース

ミュージックビデオ
・Heavy
After_Laughter_Paramore_album_cover.png
Paramore/パラモア『After Laughter』
2017年5月リリース

ミュージックビデオ
・Hard Times
HumanzGorillaz.png
Gorillaz/ゴリラズ『Humanz』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・Saturnz Barz
201702181444339e7.jpg
New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Make Me Sick』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・Happy Being Miserable
Visuals.jpeg
MEW/ミュー『Visuals』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・85 Videos
・Twist Quest
・In A Better Place
Metallica_Hardwired_To_Self-Destruct_2016.jpeg
Metallica/メタリカ『Hardwired... to Self-Destruct』
2016年11月リリース

ミュージックビデオ
・Hardwired
・Atlas, Rise!
・Now That We're Dead
・Moth Into Flame
・Dream No More
・Halo On Fire
・Confusion
・ManUNkind
・Here Comes Revenge
・Am I Savage?
・Murder One
・Spit Out the Bone
201609171511493dd.jpg
Green Day/グリーン・デイ『Revolution Radio』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Bang Bang
・Still Breathing
・Revolution Radio
Korn-The_Serenity_of_Suffering-album_cover.jpg
KoRn/コーン『The Serenity of Suffering』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Rotting In Vain
・Insane
・A Different World
・Take Me
・Black Is the Soul
13_Voices_album_artwork.png
Sum 41/サム・フォーティーワン『13 Voices』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Fake My Own Death
・War
Gameshow_album_art.jpg
Two Door Cinema Club/トゥー・ドア・シネマ・クラブ『Gameshow』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Are We Ready? (Wreck)
・Bad Decisions
300px-Integrity_Blues.jpg
Jimmy Eat World/ジミー・イート・ワールド『Integrity Blues』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Sure and Certain
2016091015314602b.jpg
Pixies/ピクシーズ『Head Carrier』
2016年9月リリース

ミュージックビデオ
・Tenement Song
・Um Chagga Lagga
・Classic Masher
Blink-182_-_Calfornia.jpg
Blink-182/ブリンク182『California』
2016年7月リリース

ミュージックビデオ
・Bored to Death


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。