洋楽ロック・邦ロックの人気動画やおすすめミュージックビデオを無料視聴/試聴出来るサイトです。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 TB(-) | CM(-)

Stereophonics/ステレオフォニックス『Song for the Summer』

Stereophonics_-_Keep_the_Village_Alive_(Album_cover).png2015年にリリースの9thアルバム『Keep the Village Alive(キープ・ザ・ヴィレッジ・アライヴ)』に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。アルバムの5曲目に収録。

ミュージックビデオは、ケリー・ジョーンズがドライブしている映像に車の外の風景や、ステレオフォニックスのバンド演奏などがインサートされるという内容になっています。

キープ・ザ・ヴィレッジ・アライヴ

スポンサーサイト

Stereophonics/ステレオフォニックス『I Wanna Get Lost With You』

Stereophonics_-_Keep_the_Village_Alive_(Album_cover).png2015年にリリースの9thアルバム『Keep the Village Alive(キープ・ザ・ヴィレッジ・アライヴ)』に収録されている。

2ndシングル。アルバムの4曲目に収録されている。

ミュージックビデオは「C'est la Vie」のMVに出ていた役者が出演していて、若い男女のカップルの幸せな日常をステレオフォニックスのバンド演奏に乗せて描いた内容になっています。

監督は、こちらもケリー・ジョーンズ。

キープ・ザ・ヴィレッジ・アライヴ

Stereophonics/ステレオフォニックス『C'est la Vie』

Stereophonics_-_Keep_the_Village_Alive_(Album_cover).png2015年にリリースの9thアルバム『Keep the Village Alive(キープ・ザ・ヴィレッジ・アライヴ)』に収録されている。

ファーストシングル。英国シングルチャートで最高73位。

ミュージックビデオは、若者達がパーティーで盛り上がっている部屋のすぐそばでステレオフォニックスがバンドパフォーマンスをしているという内容で、最後は若者達と合流します。

監督は、ボーカルのケリー・ジョーンズ。

キープ・ザ・ヴィレッジ・アライヴ

Stereophonics/ステレオフォニックス『We Share the Same Sun』

graffitionthetrain.jpeg2013年にリリースされた8thアルバム「Graffiti on the Train(グラフィティ・オン・ザ・トレイン)」に収録されている。

4thシングル。全英インディ・シングルチャートで最高28位。

この年には「サマーソニック2013」にも出演している。

PVはステレオフォニックスのバンドパフォーマンス映像で、様々な色の照明を使っていて幻想的な雰囲気の仕上がりになってます。監督はケリー・ジョーンズ。

グラフィティ・オン・ザ・トレイン


Stereophonics/ステレオフォニックス『Graffiti on the Train』

graffitionthetrain.jpeg2013年にリリースされた8thアルバム「Graffiti on the Train(グラフィティ・オン・ザ・トレイン)」に収録されている。

3rdシングル。英国シングルチャートで最高44位。

PVはステレオフォニックスのバンドパフォーマンス映像がメインで、曲に合わせてリリックが表示されるという内容です。監督はこちらもケリー・ジョーンズ。

グラフィティ・オン・ザ・トレイン

Stereophonics/ステレオフォニックス『Indian Summer』

graffitionthetrain.jpeg2013年にリリースされた8thアルバム「Graffiti on the Train(グラフィティ・オン・ザ・トレイン)」に収録されている。

2ndシングル。英国シングルチャートで最高30位。

PVは、電車の中で出会う2人の男女の恋愛模様と、ステレオフォニックスのバンド演奏の映像を交互に映した内容になっています。監督はケリー・ジョーンズ。

グラフィティ・オン・ザ・トレイン

Stereophonics/ステレオフォニックス『In a Moment』

graffitionthetrain.jpeg2013年にリリースされた8thアルバム「Graffiti on the Train(グラフィティ・オン・ザ・トレイン)」に収録されている。

ファーストシングル。アルバムは英国アルバムチャートで最高3位。

PVはショートムービーになっていて、失恋した男が自殺しようとしてホームレスに金を払って協力を依頼する。男は海辺の砂浜に穴を掘ってそこに自分が入り、満ち潮になるのを待つ。ホームレスの葛藤や男の生と死の葛藤などを描いた内容になっています。

監督はケリー・ジョーンズ。

グラフィティ・オン・ザ・トレイン

Stereophonics/ステレオフォニックス『Violins and Tambourines』

graffitionthetrain.jpeg2013年にリリースされた8thアルバム「Graffiti on the Train(グラフィティ・オン・ザ・トレイン)」に収録されている。

シングルカットはされていない。アルバムの7曲目に収録されている。

PVはショートムービーになっていて、ある男が水の中に飛び込み自殺を図るという内容で、時系列が逆になっていて途中からどういう経緯で水に飛び込んだかが分かるようになっています。

このアルバムのミュージックビデオの監督は、全てボーカルのケリー・ジョーンズが担当。

グラフィティ・オン・ザ・トレイン

Stereophonics/ステレオフォニックス『Could You Be the One?』

keepcalmandcarryon.jpeg2009年にリリースされた7thアルバム「Keep Calm and Carry On(キープ・カーム・アンド・キャリー・オン)」に収録されている。

2ndシングル。アルバムは全英アルバムチャートで最高11位。

PVは全編モノクロで描かれていて、スタジオで演奏する映像やライブの様子、舞台裏の様子などを編集した内容になっています。

キープ・カーム・アンド・キャリー・オン

Stereophonics/ステレオフォニックス『Innocent』

keepcalmandcarryon.jpeg2009年にリリースされた7thアルバム「Keep Calm and Carry On(キープ・カーム・アンド・キャリー・オン)」に収録されている。

ファーストシングル。全英シングルチャートで最高54位。

PVはレトロな雰囲気の作りになっていて、街の中でステレオフォニックスがバンド演奏する映像と、そこで食事をする人々や、ダンスをする人々の様子などを描いた内容になっています。

キープ・カーム・アンド・キャリー・オン

Stereophonics/ステレオフォニックス『You're My Star』

decadeinthesun.jpeg2008年にリリースされたベストアルバム「Decade In The Sun: The Best Of Stereophonics(ディケイド・イン・ザ・サン)」に収録されている。

唯一のシングル。このベストアルバムは、全英アルバムチャートで最高2位を記録した。

この年には日本でアジアン・カンフー・ジェネレーションの主催する「ナノ・ムゲン・フェス2008」に出演。

PVは、前半部分はステレオフォニックスのバンド演奏がモノクロで描かれていて、後半からはカラーになりたくさんの人たちが色々な色の付いた粉を投げ合う、という内容です。彩りがきれいです。

ディケイド・イン・ザ・サン:ザ・ベスト・オブ・ステレオフォニックス

Stereophonics/ステレオフォニックス『My Friends』

pullthepin.jpeg2007年にリリースされた6thアルバム「Pull the Pin(プル・ザ・ピン)」に収録されている。

2ndシングル。全英シングルチャートで最高32位。

PVは、地下の駐車場で大勢のオーディエンスに囲まれ、ステレオフォニックスがライブパフォーマンスをするという内容です。

プル・ザ・ピン~デラックス・エディション(DVD付)


Stereophonics/ステレオフォニックス『It Means Nothing』

pullthepin.jpeg2007年にリリースされた6thアルバム「Pull the Pin(プル・ザ・ピン)」に収録されている。

ファーストシングル。全英シングルチャートで最高12位。

アルバムは5作連続で全英アルバムチャート1位を獲得。

PVはケリーがベッドに座り歌うシーンから始まり、床は水浸しでキッチンは燃えて火事になっている家を出て行き、街を歩いて行くとやがて森に着き、そこで奥さんと子供が気球に乗って飛ばされるという内容です。

プル・ザ・ピン~デラックス・エディション(DVD付)

Stereophonics/ステレオフォニックス『Rewind』

languagesexviolenceother.jpeg2005年にリリースされた5thアルバム「Language. Sex. Violence. Other?(ランゲージ・セックス・ヴァイオレンス・アザー?)」に収録されている。

4thシングル。全英シングルチャートで最高17位。

PVは「Devil」のビデオの続きから始まります。撮影が終了するとケリーはトランクから出てきて、スタジオ内を歩き、バンドパフォーマンス映像と今回のアルバムのミュージックビデオの撮影の様子や映像などを、交互に映した内容になっています。

ランゲージ・セックス・ヴァイオレンス・アザー?

Stereophonics/ステレオフォニックス『Devil』

languagesexviolenceother.jpeg2005年にリリースされた5thアルバム「Language. Sex. Violence. Other?(ランゲージ・セックス・ヴァイオレンス・アザー?)」に収録されている。

3rdシングル。英国シングルチャートで最高11位。

PVは両手首をロープで縛られたケリーが、女性に浴槽に顔を突っ込まれたり乱暴を受ける映像と、鏡ばりのステージでバンドパフォーマンスする映像が交互に描かれています。やがて、ケリーは車のトランクに入れられてどこかに運ばれるシーンでビデオは次回に続きます。

ランゲージ・セックス・ヴァイオレンス・アザー?


SNS
洋楽ロック アーティスト
A
The All-American Rejects/オール・アメリカン・リジェクツ
Aphex Twin/エイフェックス・ツイン
Arcade Fire/アーケイド・ファイア
Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ
Atoms For Peace/アトムス・フォー・ピース

B
Beady Eye/ビーディ・アイ
Beck/ベック
Bjork/ビョーク
Blink-182/ブリンク182
Blur/ブラー
Bring Me the Horizon/ブリング・ミー・ザ・ホライズン
Bullet for My Valentine/ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン

C
The Chemical Brothers/ケミカル・ブラザーズ
COLDPLAY/コールドプレイ

D
Daft Punk/ダフト・パンク
Deftones/デフトーンズ

E
Evanescence/エヴァネッセンス

F
Fall Out Boy/フォール・アウト・ボーイ
Foo Fighters/フー・ファイターズ
Franz Ferdinand/フランツ・フェルディナンド

G
Gorillaz/ゴリラズ
Green Day/グリーン・デイ

H
Hoobastank/フーバスタンク

I
Imagine Dragons/イマジン・ドラゴンズ

J
Jimmy Eat World/ジミー・イート・ワールド

K
The Killers/ザ・キラーズ
KoRn/コーン

L
Limp Bizkit/リンプ・ビズキット
LINKIN PARK/リンキン・パーク

M
Marilyn Manson/マリリン・マンソン
Metallica/メタリカ
MEW/ミュー
MUSE/ミューズ
My Bloody Valentine/マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン
My Chemical Romance/マイ・ケミカル・ロマンス

N
New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー
Nickelback/ニッケルバック
Nine Inch Nails/ナイン・インチ・ネイルズ
The 1975/ザ・ナインティーンセヴンティファイヴ
Nirvana/ニルヴァーナ
Noel Gallagher's High Flying Birds/ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ

O
Oasis/オアシス
The Offspring/オフスプリング

P
Panic! at the Disco/パニック!アット・ザ・ディスコ
Paramore/パラモア
A Perfect Circle/ア・パーフェクト・サークル
Pixies/ピクシーズ
The Prodigy/ザ・プロディジー

R
RADIOHEAD/レディオヘッド
Rage Against the Machine/レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
RANCID/ランシド
Red Hot Chili Peppers/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

S
Sigur Rós/シガー・ロス
Simple Plan/シンプル・プラン
Slipknot/スリップノット
The Smashing Pumpkins/スマッシング・パンプキンズ
Snow Patrol/スノウ・パトロール
Stereophonics/ステレオフォニックス
The Stone Roses/ザ・ストーン・ローゼズ
The Strokes/ザ・ストロークス
Sum 41/サム・フォーティーワン
System Of A Down/システム・オブ・ア・ダウン

T
Thirty Seconds to Mars/サーティー・セカンズ・トゥー・マーズ
Tool/トゥール
Two Door Cinema Club/トゥー・ドア・シネマ・クラブ

U
Underworld/アンダーワールド

V
The Verve/ザ・ヴァーヴ
Vampire Weekend/ヴァンパイア・ウィークエンド

W
Weezer/ウィーザー
The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス

Z
Zebrahead/ゼブラヘッド
NEW RELEASE -最新アルバム-
Fall_Out_Boy_-_Mania.png
Fall Out Boy/フォール・アウト・ボーイ『Mania』
2017年9月リリース

ミュージックビデオ
・Young And Menace
20170722144708644.jpg
Arcade Fire/アーケイド・ファイア『Everything Now』
2017年7月リリース

ミュージックビデオ
・Everything Now
・Creature Comfort
・Signs of Life
oknotok.jpg
RADIOHEAD/レディオヘッド『OKNOTOK』
2017年6月リリース

ミュージックビデオ
・I Promise
・Man of War
Feed_the_Machine_(Nickelback).jpg
Nickelback/ニッケルバック『Feed the Machine』
2017年6月リリース

ミュージックビデオ
・Feed the Machine
Linkin_Park_7th_album.jpg
LINKIN PARK/リンキンパーク 『One More Light』
2017年5月リリース

ミュージックビデオ
・Heavy
After_Laughter_Paramore_album_cover.png
Paramore/パラモア『After Laughter』
2017年5月リリース

ミュージックビデオ
・Hard Times
HumanzGorillaz.png
Gorillaz/ゴリラズ『Humanz』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・Saturnz Barz
201702181444339e7.jpg
New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Make Me Sick』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・Happy Being Miserable
Visuals.jpeg
MEW/ミュー『Visuals』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・85 Videos
・Twist Quest
・In A Better Place
Metallica_Hardwired_To_Self-Destruct_2016.jpeg
Metallica/メタリカ『Hardwired... to Self-Destruct』
2016年11月リリース

ミュージックビデオ
・Hardwired
・Atlas, Rise!
・Now That We're Dead
・Moth Into Flame
・Dream No More
・Halo On Fire
・Confusion
・ManUNkind
・Here Comes Revenge
・Am I Savage?
・Murder One
・Spit Out the Bone
201609171511493dd.jpg
Green Day/グリーン・デイ『Revolution Radio』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Bang Bang
・Still Breathing
・Revolution Radio
Korn-The_Serenity_of_Suffering-album_cover.jpg
KoRn/コーン『The Serenity of Suffering』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Rotting In Vain
・Insane
・A Different World
・Take Me
・Black Is the Soul
13_Voices_album_artwork.png
Sum 41/サム・フォーティーワン『13 Voices』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Fake My Own Death
・War
Gameshow_album_art.jpg
Two Door Cinema Club/トゥー・ドア・シネマ・クラブ『Gameshow』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Are We Ready? (Wreck)
・Bad Decisions
300px-Integrity_Blues.jpg
Jimmy Eat World/ジミー・イート・ワールド『Integrity Blues』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Sure and Certain
2016091015314602b.jpg
Pixies/ピクシーズ『Head Carrier』
2016年9月リリース

ミュージックビデオ
・Tenement Song
・Um Chagga Lagga
・Classic Masher
Blink-182_-_Calfornia.jpg
Blink-182/ブリンク182『California』
2016年7月リリース

ミュージックビデオ
・Bored to Death


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。