洋楽ロック・邦ロックの人気動画やおすすめミュージックビデオを無料視聴/試聴出来るサイトです。




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 TB(-) | CM(-)

Arcade Fire/アーケイド・ファイア『Signs of Life』

Everything_Now_Arcade_Fire (1)2017年にリリースの5thアルバム『Everything Now(エヴリシング・ナウ)』に収録されている。

3rdシングル。全米ビルボードの「ホット・ロック・ソングス」で最高46位。

ミュージックビデオは、男女2人を中心にストーリー仕立てで展開していく内容になっています。

エヴリシング・ナウ

スポンサーサイト

Arcade Fire/アーケイド・ファイア『Creature Comfort』

Everything_Now_Arcade_Fire (1)2017年にリリースの5thアルバム『Everything Now(エヴリシング・ナウ)』に収録されている。

2ndシングル。全米ビルボードの「ホット・ロック・ソングス」で最高28位。

ミュージックビデオは、アーケイド・ファイアのバンドパフォーマンス映像にリリックが表示される内容になっています。

エヴリシング・ナウ

Arcade Fire/アーケイド・ファイア『Everything Now』

Everything_Now_Arcade_Fire (1)2017年にリリースの5thアルバム『Everything Now(エヴリシング・ナウ)』に収録されている。

ファーストシングル。全米ビルボードの「オルタネイティブ・ソングス」で最高21位。英国シングルチャートで最高80位を記録。

ミュージックビデオは、広大な大地でアーケイド・ファイアがバンドパフォーマンスをする映像を中心に、映し出した内容になっています。

エヴリシング・ナウ

Arcade Fire/アーケイド・ファイア『You Already Know』

reflektor.jpeg2013年にリリースされた4thアルバム「Reflektor(リフレクター)」に収録されている。

4thシングル。今回のアルバムはローリング・ストーン紙が「2013年の年間ベスト・アルバム・ランキング」で5位に、NMEが同7位、ピッチフォーク・メディアが同10位に選んでいる。

PVは部屋の中でアーケイド・ファイアが演奏し、そのボーカルを様々な絵画の人物がするという内容。ちゃんと口も動いていておもしろい映像になってます。

リフレクター

Arcade Fire/アーケイド・ファイア『We Exist』

reflektor.jpeg2013年にリリースされた4thアルバム「Reflektor(リフレクター)」に収録されている。

3rdシングル。翌年の2014年には初の「フジロック・フェスティバル2014」に出演し、ヘッドライナーを務めた。

PVは実際にアーケイド・ファイアのライブ中に撮影されていて、主演のアンドリュー・ガーフィールド(アメイジング・スパイダーマンなどに出演)が髪を剃って女装し、パブに行くが数人の男達に袋だたきにされ、やがて男性ダンスグループに入る。

最終的には実際のアーケイド・ファイアのライブ中のステージに上がりダンスを踊るという内容。

監督は、アークティック・モンキーズなどのビデオも手がけるデイビッド・ウィルソン。

リフレクター

Arcade Fire/アーケイド・ファイア『Afterlife』

reflektor.jpeg2013年にリリースされた4thアルバム「Reflektor(リフレクター)」に収録されている。

2ndシングル。全米ビルボードの「オルタネイティブ・ソングス」で最高22位。

今回のアルバムは、プロデューサーに元LCDサウンドシステム(アメリカのダンス・パンクバンド)のジェームス・マーフィーを起用。全米・全英両チャートで1位を獲得した。

PVはあるメキシコの家族を描いていて、いなくなってしまった母親と残された子供達、父親などの生活を映し出した内容になっています。短編映画のようなミュージックビデオ。

リフレクター

Arcade Fire/アーケイド・ファイア『Reflektor』

reflektor.jpeg2013年にリリースされた4thアルバム「Reflektor(リフレクター)」に収録されている。

アルバムからの先行シングル。全英シングルチャートで最高44位。全米ビルボードの「オルタネイティブ・ソングス」で最高17位。

この曲はデヴィッド・ボウイをゲストに向かえ"The Reflektors"という架空のバンド名義で各国のレコード店でリリースされた。

PVは全編モノクロで描かれていて、メンバーがそれぞれ自身の被り物を被ってトラックの荷台で演奏する映像と、同時にストーリーが展開していき、全身ミラーボールの男などが出てきます。

監督はU2やビョークなどの写真を撮ってきたロック・フォトグラファーのアントン・コービン。

リフレクター

Arcade Fire/アーケイド・ファイア『Sprawl II (Mountains Beyond Mountains)』

thesuburbs.jpeg2010年にリリースされた3rdアルバム「The Suburbs(ザ・サバーブス)」に収録されている。

6thシングル。レジーヌ・シャサーニュによるボーカル。

この曲はトレーシー・キダーの「Mountains Beyond Mountains(邦題:国境を越えた医師)」という本に影響を受けて作られた曲。

ミュージックビデオは、レジーヌが色々な衣装を着てひたすら歌いながら踊るという内容です。

ザ・サバーブス

Arcade Fire/アーケイド・ファイア『Ready to Start』

thesuburbs.jpeg2010年にリリースされた3rdアルバム「The Suburbs(ザ・サバーブス)」に収録されている。

3rdシングル。この曲は、第53回グラミー賞の「ベスト・ロック・パフォーマンス」にノミネートされた曲。全英シングルチャートで最高67位。全米ビルボードの「オルタネイティブ・ソングス」で最高16位。

また、アルバムは全米、全英で共に1位を獲得。第53回グラミー賞では「アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

PVは、シンプルにアーケイド・ファイアのライブパフォーマンス映像で全編モノクロで描かれています。

ザ・サバーブス

Arcade Fire/アーケイド・ファイア『The Suburbs』

thesuburbs.jpeg2010年にリリースされた3rdアルバム「The Suburbs(ザ・サバーブス)」に収録されている。

ファーストシングル。アルバムタイトルにもなっている「The Suburbs (郊外) 」は、ボーカルのウィン・バトラーが制作を空想していたSF映画に由来する。

PVは「Suburbs=郊外」で暮らす若者たちを描いた内容で、楽しく遊ぶシーンや、恐怖でおびえるシーンなどが描かれています。

ショートフィルム「The Suburbs」を編集した内容で、監督はWeezerのビデオなども多く手がけるスパイク・ジョーンズ。

ザ・サバーブス

Arcade Fire/アーケイド・ファイア『No Cars Go』

neonbible.jpeg2007年にリリースされた2ndアルバム「Neon Bible(ネオン・バイブル)」に収録されている。

4thシングル。全英シングルチャートで最高85位。

この曲は、元々デビューEP「Arcade Fire」収録曲で、ライブでも定番曲だったため、今回のアルバム用に再レコーディングされた。

ミュージックビデオは「BBC Radio 2」でのセッション・ライブの映像です。

ネオン・バイブル

Arcade Fire/アーケイド・ファイア『Intervention』

neonbible.jpeg2007年にリリースされた2ndアルバム「Neon Bible(ネオン・バイブル)」に収録されている。

3rdシングル。この曲はアメリカのオペラ歌手ルネ・フレミングにカヴァーされていて、2010年に発売された「Dark Hope」というフレミングのアルバムに収録されている。

翌年の2008年には単独来日公演を東京、大阪、名古屋の3箇所で行った。

ミュージックビデオは、「Battleship Potemkin」という旧ソ連のサイレント・ムービーからシーンを切り取った内容になっています。


ネオン・バイブル

Arcade Fire/アーケイド・ファイア『Black Mirror』

neonbible.jpeg2007年にリリースされた2ndアルバム「Neon Bible(ネオン・バイブル)」に収録されている。

ファーストシングル。今回のアルバムは全米および全英アルバムチャートで初登場2位を記録。

前作同様グラミー賞の「ベスト・オルナタティヴ・ミュージック・アルバム」にノミネートされた。

PVは全編モノクロで描かれていて、海に浮かぶ巨大な人間の顔の中に「体が小さくなる薬瓶」を持って入っていき、最終的にシンクロナイズドスイミングのような終わり方をするというシュールな内容です。

ネオン・バイブル

Arcade Fire/アーケイド・ファイア『Cold Wind』

220px-Six_feet_under_volume_2.jpg2005年にリリースされたアメリカのTVドラマシリーズ「Six Feet Under(シックス・フィート・アンダー)」のサウンドトラック、「Six Feet Under, Vol. 2: Everything Ends」に収録されている。

アルバム未収録曲。全英シングルチャートで最高52位。

ミュージックビデオは、アーケイド・ファイアのライブパフォーマンス映像です。

Six Feet Under, Vol. 2: Everything Ends

Arcade Fire/アーケイド・ファイア『Wake Up』

funeral.jpeg2004年にリリースされたファーストアルバム「Funeral」に収録されている。

5thシングル。全英シングルチャートで最高29位。
この曲はU2のライブ「VERTIGO TOUR」のオープニングに使用された。

ローリング・ストーン紙が選ぶ「2000年代で最も最高なシングル・ソング」で第42位にランクイン。
またNME紙の「過去15年間で最も最高な曲ベスト150」では22位に選ばれている。

ミュージックビデオは、シンプルにアーケイド・ファイアのライブパフォーマンス映像です。

フューネラル

SNS
洋楽ロック アーティスト
A
The All-American Rejects/オール・アメリカン・リジェクツ
Aphex Twin/エイフェックス・ツイン
Arcade Fire/アーケイド・ファイア
Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ
Atoms For Peace/アトムス・フォー・ピース

B
Beady Eye/ビーディ・アイ
Beck/ベック
Bjork/ビョーク
Blink-182/ブリンク182
Blur/ブラー
Bring Me the Horizon/ブリング・ミー・ザ・ホライズン
Bullet for My Valentine/ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン

C
The Chemical Brothers/ケミカル・ブラザーズ
COLDPLAY/コールドプレイ

D
Daft Punk/ダフト・パンク
Deftones/デフトーンズ

E
Evanescence/エヴァネッセンス

F
Fall Out Boy/フォール・アウト・ボーイ
Foo Fighters/フー・ファイターズ
Franz Ferdinand/フランツ・フェルディナンド

G
Gorillaz/ゴリラズ
Green Day/グリーン・デイ

H
Hoobastank/フーバスタンク

I
Imagine Dragons/イマジン・ドラゴンズ

J
Jimmy Eat World/ジミー・イート・ワールド

K
The Killers/ザ・キラーズ
KoRn/コーン

L
Limp Bizkit/リンプ・ビズキット
LINKIN PARK/リンキン・パーク

M
Marilyn Manson/マリリン・マンソン
Metallica/メタリカ
MEW/ミュー
MUSE/ミューズ
My Bloody Valentine/マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン
My Chemical Romance/マイ・ケミカル・ロマンス

N
New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー
Nickelback/ニッケルバック
Nine Inch Nails/ナイン・インチ・ネイルズ
The 1975/ザ・ナインティーンセヴンティファイヴ
Nirvana/ニルヴァーナ
Noel Gallagher's High Flying Birds/ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ

O
Oasis/オアシス
The Offspring/オフスプリング

P
Panic! at the Disco/パニック!アット・ザ・ディスコ
Paramore/パラモア
A Perfect Circle/ア・パーフェクト・サークル
Pixies/ピクシーズ
The Prodigy/ザ・プロディジー

R
RADIOHEAD/レディオヘッド
Rage Against the Machine/レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
RANCID/ランシド
Red Hot Chili Peppers/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

S
Sigur Rós/シガー・ロス
Simple Plan/シンプル・プラン
Slipknot/スリップノット
The Smashing Pumpkins/スマッシング・パンプキンズ
Snow Patrol/スノウ・パトロール
Stereophonics/ステレオフォニックス
The Stone Roses/ザ・ストーン・ローゼズ
The Strokes/ザ・ストロークス
Sum 41/サム・フォーティーワン
System Of A Down/システム・オブ・ア・ダウン

T
Thirty Seconds to Mars/サーティー・セカンズ・トゥー・マーズ
Tool/トゥール
Two Door Cinema Club/トゥー・ドア・シネマ・クラブ

U
Underworld/アンダーワールド

V
The Verve/ザ・ヴァーヴ
Vampire Weekend/ヴァンパイア・ウィークエンド

W
Weezer/ウィーザー
The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス

Z
Zebrahead/ゼブラヘッド
NEW RELEASE -最新アルバム-
Fall_Out_Boy_-_Mania.png
Fall Out Boy/フォール・アウト・ボーイ『Mania』
2017年9月リリース

ミュージックビデオ
・Young And Menace
20170722144708644.jpg
Arcade Fire/アーケイド・ファイア『Everything Now』
2017年7月リリース

ミュージックビデオ
・Everything Now
・Creature Comfort
・Signs of Life
oknotok.jpg
RADIOHEAD/レディオヘッド『OKNOTOK』
2017年6月リリース

ミュージックビデオ
・I Promise
・Man of War
Feed_the_Machine_(Nickelback).jpg
Nickelback/ニッケルバック『Feed the Machine』
2017年6月リリース

ミュージックビデオ
・Feed the Machine
Linkin_Park_7th_album.jpg
LINKIN PARK/リンキンパーク 『One More Light』
2017年5月リリース

ミュージックビデオ
・Heavy
After_Laughter_Paramore_album_cover.png
Paramore/パラモア『After Laughter』
2017年5月リリース

ミュージックビデオ
・Hard Times
HumanzGorillaz.png
Gorillaz/ゴリラズ『Humanz』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・Saturnz Barz
201702181444339e7.jpg
New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Make Me Sick』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・Happy Being Miserable
Visuals.jpeg
MEW/ミュー『Visuals』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・85 Videos
・Twist Quest
・In A Better Place
Metallica_Hardwired_To_Self-Destruct_2016.jpeg
Metallica/メタリカ『Hardwired... to Self-Destruct』
2016年11月リリース

ミュージックビデオ
・Hardwired
・Atlas, Rise!
・Now That We're Dead
・Moth Into Flame
・Dream No More
・Halo On Fire
・Confusion
・ManUNkind
・Here Comes Revenge
・Am I Savage?
・Murder One
・Spit Out the Bone
201609171511493dd.jpg
Green Day/グリーン・デイ『Revolution Radio』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Bang Bang
・Still Breathing
・Revolution Radio
Korn-The_Serenity_of_Suffering-album_cover.jpg
KoRn/コーン『The Serenity of Suffering』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Rotting In Vain
・Insane
・A Different World
・Take Me
・Black Is the Soul
13_Voices_album_artwork.png
Sum 41/サム・フォーティーワン『13 Voices』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Fake My Own Death
・War
Gameshow_album_art.jpg
Two Door Cinema Club/トゥー・ドア・シネマ・クラブ『Gameshow』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Are We Ready? (Wreck)
・Bad Decisions
300px-Integrity_Blues.jpg
Jimmy Eat World/ジミー・イート・ワールド『Integrity Blues』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Sure and Certain
2016091015314602b.jpg
Pixies/ピクシーズ『Head Carrier』
2016年9月リリース

ミュージックビデオ
・Tenement Song
・Um Chagga Lagga
・Classic Masher
Blink-182_-_Calfornia.jpg
Blink-182/ブリンク182『California』
2016年7月リリース

ミュージックビデオ
・Bored to Death


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。