洋楽ロック・邦ロックの人気動画やおすすめミュージックビデオを無料視聴/試聴出来るサイトです。




Bjork/ビョーク『Notget』

Vulnicura_artwork_jpeg.jpeg2015年にリリースの9thアルバム「Vulnicura(ヴァルニキュラ)」に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。アルバムの6曲目に収録。

ミュージックビデオは、コンピューターグラフィックで描かれたビョークが歌う映像を描いた内容になっています。

ヴァルニキュラ

Bjork/ビョーク『Mouth Mantra』

Vulnicura_artwork_jpeg.jpeg2015年にリリースの9thアルバム「Vulnicura(ヴァルニキュラ)」に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。アルバムの8曲目に収録。

ミュージックビデオは、ビョーク自身の口の中を映した映像がメインで、途中ビョークが歌う映像がインサートされるという内容になっています。

監督は、アルカ(ARCA)のヴィジュアル・コラボレーターを務めているジェシー・カンダ。

ヴァルニキュラ

Bjork/ビョーク『stonemilker』

Vulnicura_artwork_jpeg.jpeg2015年にリリースの9thアルバム「Vulnicura(ヴァルニキュラ)」に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。アルバムの1曲目に収録。

ミュージックビデオは、ニューヨーク近代美術館(MoMA)にて開催されたビョークの回顧展で先行公開されていたもので、360度ヴァーチャルリアリティ映像になっています。360度映像の視聴にはデスクトップ版ChromeブラウザまたはAndroid版YouTubeアプリが必要になります。

監督は、同アルバムのほとんどのMVを手がけているアンドリュー・トーマス・ホワン。

ヴァルニキュラ

Bjork/ビョーク『Family』

Vulnicura_artwork_jpeg.jpeg2015年にリリースの9thアルバム「Vulnicura(ヴァルニキュラ)」に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。アルバムの5曲目に収録。

ミュージックビデオは、「Vulnicura」のプロモーション用に2分30秒にまとめられていますが、実際の曲は8分近くあります。
映像はアルバムのフィジカル・ヴァージョンのアートワークを映像化した内容になっています。

監督は、同アルバム収録の「Black Lake」のビデオを手がけたアンドリュー・トーマス・ホワン。

ヴァルニキュラ

Bjork/ビョーク『Lionsong』

Vulnicura_artwork_jpeg.jpeg2015年にリリースの9thアルバム「Vulnicura(ヴァルニキュラ)」に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。アルバムの2曲目に収録。

PVは、アルバムのジャケットの衣装に身を包んだビョークが歌う映像がメインで描かれています。

監督は、ビョークの長年のコラボレーターであるイネス&ヴィノード。

ヴァルニキュラ

Bjork/ビョーク『Black Lake』

Vulnicura_artwork_jpeg.jpeg2015年にリリースの9thアルバム「Vulnicura(ヴァルニキュラ)」に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。アルバムの4曲目に収録。

ミュージックビデオは、「Black Lake」からインスパイアされた「音楽と映像の体験」と位置づけられていて、洞窟の中で歩きながら歌うビョークがやがて広大な大地に出て行くという内容で、スケールの大きい美しい映像になっています。

また、2画面構成の「two screen version」とニューヨーク近代美術館(MoMA)で開催されたビョークの回顧展のトレーラー映像もあります。

監督は、3つとも8thアルバム「Biophilia」収録の「Mutual Core」のMVなどを手がけたアンドリュー・トーマス・ホワン。

ヴァルニキュラ

Bjork/ビョーク『Mutual Core』

biophilia.jpeg2011年にリリースされた8thアルバム「Biophilia(バイオフィリア)」に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。アルバムの9曲目に収録。

また、2012年にリリースされた「Biophilia」のリミックスアルバムBastards(バスターズ)にも収録されている。

PVは、砂の中に体半分埋もれながら歌うビョークと、周りでうごめく岩石、溶岩、噴火などを描いた内容になっています。

監督は、リミックスアルバム「Bastards」のアートワークを手がけたアンドリュー・トーマス・ホワン。メイキング映像もあります。

バイオフィリア

Bjork/ビョーク『Hollow』

biophilia.jpeg2011年にリリースされた8thアルバム「Biophilia(バイオフィリア)」に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。アルバムの6曲目に収録。

また、2012年にリリースされた「Biophilia」のリミックスアルバムBastards(バスターズ)にも収録されている。

ミュージックビデオは、顕微鏡を覗いているような映像になっていてDNAレベルの細胞がうごめいている様子が描かれた内容になっています。

監督は、バイオメディカル・アニメーターのドリュー・ベリー。

バイオフィリア

Bjork/ビョーク『Moon』

biophilia.jpeg2011年にリリースされた8thアルバム「Biophilia(バイオフィリア)」に収録されている。

4thシングル。このアルバムがリリースされた2年後には、3度目になる「フジロック・フェスティバル’2013」にヘッドライナーとして出演している。

PVは、アルバムジャケットの衣装に身を包んだビョークが歌い、月の映像や星座の映像が一緒に映し出されるという内容になっています。

バイオフィリア

Bjork/ビョーク『Virus』

biophilia.jpeg2011年にリリースされた8thアルバム「Biophilia(バイオフィリア)」に収録されている。

3rdシングル。この曲のアプリはウィルスが細胞を浸食していくのを阻止するゲームで、曲に合わせて細胞が唇の形に変化するというアプリ。

ミュージックビデオはアプリと同じ映像で、細胞にウイルスが寄っていく内容になっています。

バイオフィリア

Bjork/ビョーク『Cosmogony』

biophilia.jpeg2011年にリリースされた8thアルバム「Biophilia(バイオフィリア)」に収録されている。

2ndシングル。アカペラに近い程ボーカルトラックにフィーチャーした壮大なバラード。

PVは、まるでプラネタリウムにいるかのような映像になっていて、アプリで使われている星座のような宇宙空間に映し出された絵を、立体的に映し出している内容です。

バイオフィリア

Bjork/ビョーク『Crystalline』

biophilia.jpeg2011年にリリースされた8thアルバム「Biophilia(バイオフィリア)」に収録されている。

ファーストシングル。今回のアルバムは前作「Volta(ボルタ)」から4年振りのリリース。
今作はiPhone/iPad 用のアプリと連動した形でリリースされた。

PVは月に流星群が落ちていき、そこからクリスタルが生えてくる映像や、天体になったビョークをストップモーション・アニメーションを使って描いた内容。

監督は、数々のビョークのPVを手がけるミシェル・ゴンドリー。

バイオフィリア

Bjork/ビョーク『The Comet Song』

MoominsBjörkSingle2010年にリリースされたシングル。8thアルバム「Biophilia(バイオフィリア)Japanese deluxe edition bonus track」に収録されている。

チャリティシングル。2010年の映画「Moomins and the Comet Chase(ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション)」の主題歌。

ミュージックビデオは、映画「ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション」とコラボした内容になっています。

監督は、映画と同じでマリア・リンドバーグ。

Bjork/ビョーク『The Dull Flame of Desire』

volta.jpeg2007年にリリースされた7thアルバム「Volta(ボルタ)」に収録されている。

5thシングル。この曲はイギリスのミュージシャン、「アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ」のアントニー・ヘガティとのデュエットソング。

PVは、前半部分はビョークとアントニーの顔が白い点で描かれていて、中盤はモノクロの実写映像、後半はカラーの映像、と3部構成になっています。

ヴォルタ(SHM-CD)

Bjork/ビョーク『Wanderlust』

volta.jpeg2007年にリリースされた7thアルバム「Volta(ボルタ)」に収録されている。

4thシングル。スペインのシングルチャートで最高1位。

この年にはニュージーランドで、勝手に撮影したカメラマンにビョークが暴行するという事件も起きている。

PVは実写やCG、絵や粘土など様々な要素が混合していて独特な映像を作り上げている。

この作品は2008年英国のミュージック・ビデオ・アワードで「ベスト・アート・ディレクション」「ベスト・オルタナティブ/インディーズ・ビデオ」を授賞している。

ヴォルタ(SHM-CD)

SNS
洋楽ロック アーティスト
A
The All-American Rejects/オール・アメリカン・リジェクツ
Aphex Twin/エイフェックス・ツイン
Arcade Fire/アーケイド・ファイア
Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ
Atoms For Peace/アトムス・フォー・ピース

B
Beady Eye/ビーディ・アイ
Beck/ベック
Bjork/ビョーク
Blink-182/ブリンク182
Blur/ブラー
Bring Me the Horizon/ブリング・ミー・ザ・ホライズン
Bullet for My Valentine/ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン

C
The Chemical Brothers/ケミカル・ブラザーズ
COLDPLAY/コールドプレイ

D
Daft Punk/ダフト・パンク
Deftones/デフトーンズ

E
Evanescence/エヴァネッセンス

F
Fall Out Boy/フォール・アウト・ボーイ
Foo Fighters/フー・ファイターズ
Franz Ferdinand/フランツ・フェルディナンド

G
Gorillaz/ゴリラズ
Green Day/グリーン・デイ

H
Hoobastank/フーバスタンク

I
Imagine Dragons/イマジン・ドラゴンズ

J
Jimmy Eat World/ジミー・イート・ワールド

K
The Killers/ザ・キラーズ
KoRn/コーン

L
Limp Bizkit/リンプ・ビズキット
LINKIN PARK/リンキン・パーク

M
Marilyn Manson/マリリン・マンソン
Metallica/メタリカ
MEW/ミュー
MUSE/ミューズ
My Bloody Valentine/マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン
My Chemical Romance/マイ・ケミカル・ロマンス

N
New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー
Nickelback/ニッケルバック
Nine Inch Nails/ナイン・インチ・ネイルズ
The 1975/ザ・ナインティーンセヴンティファイヴ
Nirvana/ニルヴァーナ
Noel Gallagher's High Flying Birds/ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ

O
Oasis/オアシス
The Offspring/オフスプリング

P
Panic! at the Disco/パニック!アット・ザ・ディスコ
Paramore/パラモア
A Perfect Circle/ア・パーフェクト・サークル
Pixies/ピクシーズ
The Prodigy/ザ・プロディジー

R
RADIOHEAD/レディオヘッド
Rage Against the Machine/レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
RANCID/ランシド
Red Hot Chili Peppers/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

S
Sigur Rós/シガー・ロス
Simple Plan/シンプル・プラン
Slipknot/スリップノット
The Smashing Pumpkins/スマッシング・パンプキンズ
Snow Patrol/スノウ・パトロール
Stereophonics/ステレオフォニックス
The Stone Roses/ザ・ストーン・ローゼズ
The Strokes/ザ・ストロークス
Sum 41/サム・フォーティーワン
System Of A Down/システム・オブ・ア・ダウン

T
Thirty Seconds to Mars/サーティー・セカンズ・トゥー・マーズ
Tool/トゥール
Two Door Cinema Club/トゥー・ドア・シネマ・クラブ

U
Underworld/アンダーワールド

V
The Verve/ザ・ヴァーヴ
Vampire Weekend/ヴァンパイア・ウィークエンド

W
Weezer/ウィーザー
The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス

Z
Zebrahead/ゼブラヘッド
NEW RELEASE -最新アルバム-
Fall_Out_Boy_-_Mania.png
Fall Out Boy/フォール・アウト・ボーイ『Mania』
2017年9月リリース

ミュージックビデオ
・Young And Menace
Feed_the_Machine_(Nickelback).jpg
Nickelback/ニッケルバック『Feed the Machine』
2017年6月リリース

ミュージックビデオ
・Feed the Machine
Linkin_Park_7th_album.jpg
LINKIN PARK/リンキンパーク 『One More Light』
2017年5月リリース

ミュージックビデオ
・Heavy
After_Laughter_Paramore_album_cover.png
Paramore/パラモア『After Laughter』
2017年5月リリース

ミュージックビデオ
・Hard Times
HumanzGorillaz.png
Gorillaz/ゴリラズ『Humanz』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・Saturnz Barz
201702181444339e7.jpg
New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Make Me Sick』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・Happy Being Miserable
Visuals.jpeg
MEW/ミュー『Visuals』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・85 Videos
・Twist Quest
・In A Better Place
Metallica_Hardwired_To_Self-Destruct_2016.jpeg
Metallica/メタリカ『Hardwired... to Self-Destruct』
2016年11月リリース

ミュージックビデオ
・Hardwired
・Atlas, Rise!
・Now That We're Dead
・Moth Into Flame
・Dream No More
・Halo On Fire
・Confusion
・ManUNkind
・Here Comes Revenge
・Am I Savage?
・Murder One
・Spit Out the Bone
201609171511493dd.jpg
Green Day/グリーン・デイ『Revolution Radio』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Bang Bang
・Still Breathing
Korn-The_Serenity_of_Suffering-album_cover.jpg
KoRn/コーン『The Serenity of Suffering』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Rotting In Vain
・Insane
・A Different World
・Take Me
13_Voices_album_artwork.png
Sum 41/サム・フォーティーワン『13 Voices』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Fake My Own Death
・War
Gameshow_album_art.jpg
Two Door Cinema Club/トゥー・ドア・シネマ・クラブ『Gameshow』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Are We Ready? (Wreck)
・Bad Decisions
300px-Integrity_Blues.jpg
Jimmy Eat World/ジミー・イート・ワールド『Integrity Blues』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Sure and Certain
2016091015314602b.jpg
Pixies/ピクシーズ『Head Carrier』
2016年9月リリース

ミュージックビデオ
・Tenement Song
・Um Chagga Lagga
・Classic Masher
Blink-182_-_Calfornia.jpg
Blink-182/ブリンク182『California』
2016年7月リリース

ミュージックビデオ
・Bored to Death
Thegetawayalbum.jpg
Red Hot Chili Peppers/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ『The Getaway』
2016年6月リリース

ミュージックビデオ
・Dark Necessities
・Go Robot
・Sick Love
・Goodbye Angels
A_Moon_Shaped_Pool.jpg
RADIOHEAD/レディオヘッド『A Moon Shaped Pool』
2016年6月リリース

ミュージックビデオ
・Daydreaming
・Burn The Witch
・Present Tense
・The Numbers