洋楽ロック・邦ロックの人気動画やおすすめミュージックビデオを無料視聴/試聴出来るサイトです。




The Strokes/ザ・ストロークス『Threat of Joy』

The-Strokes-Future-Present-Past-EP.jpg2016年にリリースされたEP『Future Present Past(フューチャー・プレゼント・パスト)』に収録されている。

シングルカットはされていないが、ミュージックビデオは制作されている。EPの3曲目に収録。

ミュージックビデオは、ストロークスのバンドパフォーマンス映像を中心に、様々なシーンのカットがインサートされる内容になっています。

Future Present Past E.P. [10 inch Analog]

The Strokes/ザ・ストロークス『All the Time』

comedownmachine.jpeg2013年にリリースされた5thアルバム「Comedown Machine(カムダウン・マシーン)」に収録されている。

ファーストシングル。全米ビルボードの「オルタネイティブ・ソングス」で最高38位。

前作より2年振りのアルバムで、その先行シングル。非常にストロークスっぽい曲。

ミュージックビデオは、ライブ映像やメンバーのオフショット、過去のPVなどを編集した内容になってます。

監督は、ストロークスのギターのアルバート・ハモンドJr.。

カムダウン・マシン

The Strokes/ザ・ストロークス『Taken for a Fool』

angles.jpeg2011年にリリースされた4thアルバム「Angles(アングルス)」に収録されている。

2ndシングル。全米ビルボードの「オルタネイティブ・ソングス」で最高32位。

今回のアルバム制作中に、ギターのアルバート・ハモンドJr.は薬物中毒のリハビリを受けていた事を打ち明けている。バンドメンバーは制作が困難だった事を後に語っている。

また、この年には「サマーソニック2011」にヘッドライナーとして出演。

PVは、ストロークスがバンド演奏している周りをカメラがぐるぐる回って撮影する映像になっていて、残像が残るようにメンバーが何人にも見えるという内容になっています。

アングルズ

The Strokes/ザ・ストロークス『Call Me Back』

angles.jpeg2011年にリリースされた4thアルバム「Angles(アングルス)」に収録されている。

シングルカットはされていないがミュージックビデオは制作されている。アルバムの7曲目に収録。

ミュージックビデオは、前半は水の雫をスーパースローで描いた内容になっていて、後半は女性が水に濡れるシーンを描いた内容になっています。

監督は、ストロークスのギターのアルバート・ハモンドJr.が務めています。

アングルズ


The Strokes/ザ・ストロークス『Under Cover of Darkness』

angles.jpeg2011年にリリースされた4thアルバム「Angles(アングルス)」に収録されている。

ファーストシングル。英国シングルチャートで最高47位。全米ビルボードの「オルタネイティブ・ソングス」で最高12位。

メンバーがアイディアを出し合って作った曲で、比較的ストロークスっぽい曲。コーラスワークやジュリアンの高音ボーカルが新しさを引き出している。

PVは中世ヨーロッパ風の屋敷で、階段や廊下、至る所で正装したメンバーがバンド演奏するという内容で、ボーカルのジュリアンは唯一私服で縦横無尽に振る舞います。

監督は、ストロークスのウェブサイトもデザインしているウォーレン・フー。

アングルズ

The Strokes/ザ・ストロークス『You Only Live Once』

firstimpressionsofearth.jpeg2006年にリリースされた3rdアルバム「First Impressions of Earth(ファースト・インプレッションズ・オブ・アース)」に収録されている。

3rdシングル。全米ビルボードの「モダン・ロック・チャート」で最高35位。

アルバムはイギリスで初登場1位、アメリカビルボードでは4位を記録した。
今作は作風が変わったため、メディアの評価は賛否両論。

PVは2種類あって、1つは真っ白の衣装に身を包んだストロークスのメンバーが、バンド演奏している部屋で突如黒い液体が壁から流れ出てくるという内容。最終的にはメンバー全員液体にのまれてしまいます。監督はサミュエル・ベイヤー。

もう1つはスタンリー・キューブリック監督の映画「2001年宇宙の旅」のような世界観で、監督はウォーレン・フー。

ファースト・インプレッションズ・オブ・アース

The Strokes/ザ・ストロークス『Heart in a Cage』

firstimpressionsofearth.jpeg2006年にリリースされた3rdアルバム「First Impressions of Earth(ファースト・インプレッションズ・オブ・アース)」に収録されている。

2ndシングル。全英シングルチャートで最高21位。全米ビルボードの「モダン・ロック・チャート」で最高25位。

この年には「フジロックフェスティバル2006」にヘッドライナーとして出演している。

PVは全編モノクロで描かれていて、ボーカルのジュリアン・カサブランカスが雑踏の中で道路に這いつくばって歌い、ギターは高層ビルの上で演奏するという内容。最後はドラムセットをぶっ壊します。

監督は、グリーン・デイ「Boulevard of Broken Dreams」のビデオなどを手がけるサミュエル・ベイヤー。

ファースト・インプレッションズ・オブ・アース

The Strokes/ザ・ストロークス『Juicebox』

firstimpressionsofearth.jpeg2006年にリリースされた3rdアルバム「First Impressions of Earth(ファースト・インプレッションズ・オブ・アース)」に収録されている。

ファーストシングル。全英シングルチャートで最高5位。全米ビルボードの「モダン・ロック・チャート」で最高9位。これまでのストロークスにはないハードなナンバー。

PVはDJの紹介から始まり、ストロークスのバンド演奏を中心に断片的にその他の映像がインサートされる内容になってます。性的な内容を含んでいたので、論争を引き起こした作品。

ファースト・インプレッションズ・オブ・アース

The Strokes/ザ・ストロークス『The End Has No End』

roomonfire.jpeg2003年にリリースされた2ndアルバム「Room on Fire(ルーム・オン・ファイア)」に収録されている。

3rdシングル。全英シングルチャートで最高27位。全米ビルボードの「モダン・ロック・チャート」で最高35位。

アルバムは本国アメリカでは4位。イギリスでは2位のセールスを記録。

PVで主演しているのは、ストロークスのマネージャーのライアン。中盤から鏡だらけの部屋でストロークスがバンド演奏する映像も出てきます。

監督は、コールドプレイ「In My Place」などのビデオも手がけるソフィー・ミュラー。

ルーム・オン・ファイア

The Strokes/ザ・ストロークス『Reptilia』

roomonfire.jpeg2003年にリリースされた2ndアルバム「Room on Fire(ルーム・オン・ファイア)」に収録されている。

2ndシングル。全英シングルチャートで最高17位。全米ビルボードの「モダン・ロック・チャート」で最高19位。

この年には「サマーソニック2003」に準ヘッドライナーとして出演している。

PVはストロークスのバンド演奏ですが、全体の画は見せずに顔のアップや指の動きなど、パーツの映像を切り取って映し出していく内容になってます。

監督は、巨匠リドリー・スコットの息子のジェイク・スコット。

ルーム・オン・ファイア

The Strokes/ザ・ストロークス『12:51』

roomonfire.jpeg2003年にリリースされた2ndアルバム「Room on Fire(ルーム・オン・ファイア)」に収録されている。

ファーストシングル。全英シングルチャートで最高7位。全米ビルボードの「モダン・ロック・チャート」で最高15位。

今回のアルバムは最初レディオヘッドのプロデューサーなどで知られるナイジェル・ゴッドリッチをプロデューサーに迎えてアルバムを制作していた。
しかし意見が合わず、結局ファーストアルバムをプロデュースしたゴードン・ラファエルがプロデュースすることになった。

PVは、近未来的なセットや衣装、映像でバンド演奏するという内容。監督はまたまたロマン・コッポラ。

ルーム・オン・ファイア

The Strokes/ザ・ストロークス『Someday』

isthisit.jpeg2001年にリリースされたデビューアルバム「Is This It(イズ・ディス・イット)」に収録されている。

3rdシングル。全英シングルチャートで最高27位。全米ビルボードの「モダン・ロック・チャート」で最高17位。

アルバムは「ローリング・ストーン」誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」で199位。「オールタイム・ベスト・デビュー・アルバム100」では、8位にランクインしている。

PVは、メンバーが飲んで遊んでる様子やクイズ番組に出演している様子を描いた内容になってます。監督はこちらもロマン・コッポラ。

イズ・ディス・イット

The Strokes/ザ・ストロークス『Last Nite』

isthisit.jpeg2001年にリリースされたデビューアルバム「Is This It(イズ・ディス・イット)」に収録されている。

2ndシングル。英国シングルチャートで最高14位。全米ビルボードの「モダン・ロック・チャート」で最高5位。

アルバムタイトルは、ロックンロール・リバイバルの救世主として発売前から祭り上げられたことに対し、皮肉を込めて「Is This It=これがそれ?」と名づけられた。

PVは、組まれたセットでストロークスがバンド演奏するという内容で、途中でドラムのマイクスタンドが倒れます。

監督は、アークティック・モンキーズの「Teddy Picker」のビデオなども手がけるロマン・コッポラ。

イズ・ディス・イット

The Strokes/ザ・ストロークス『The Modern Age』

isthisit.jpeg2001年にリリースされたデビューアルバム「Is This It(イズ・ディス・イット)」に収録されている。

デビューEP。アルバムの2曲目に収録。このEPはUKチャートで最高68位を記録。

ミュージックビデオは、ストロークスのライブパフォーマンス映像です。

イズ・ディス・イット


The Strokes/ザ・ストロークス『Hard to Explain』

isthisit.jpeg2001年にリリースされたデビューアルバム「Is This It(イズ・ディス・イット)」に収録されている。

ファーストシングル。全英シングルチャートで最高16位。ほぼ2コードのみで展開するロックンロールソング。

アルバムは2000年代のロックンロール・リバイバルにおけるムーブメントの起点の一つ、もしくは同時期以降のガレージ・ロックのフォーマットをある程度定義付けた作品と高く評価されている。

ストロークスに影響を受けたバンドは多く、アークティック・モンキーズもその中の一つ。

PVは、様々な映像をテンポよく組み合わせた内容で、途中でメンバー紹介が入ります。

イズ・ディス・イット

SNS
洋楽ロック アーティスト
A
The All-American Rejects/オール・アメリカン・リジェクツ
Aphex Twin/エイフェックス・ツイン
Arcade Fire/アーケイド・ファイア
Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ
Atoms For Peace/アトムス・フォー・ピース

B
Beady Eye/ビーディ・アイ
Beck/ベック
Bjork/ビョーク
Blink-182/ブリンク182
Blur/ブラー
Bring Me the Horizon/ブリング・ミー・ザ・ホライズン
Bullet for My Valentine/ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン

C
The Chemical Brothers/ケミカル・ブラザーズ
COLDPLAY/コールドプレイ

D
Daft Punk/ダフト・パンク
Deftones/デフトーンズ

E
Evanescence/エヴァネッセンス

F
Fall Out Boy/フォール・アウト・ボーイ
Foo Fighters/フー・ファイターズ
Franz Ferdinand/フランツ・フェルディナンド

G
Gorillaz/ゴリラズ
Green Day/グリーン・デイ

H
Hoobastank/フーバスタンク

I
Imagine Dragons/イマジン・ドラゴンズ

J
Jimmy Eat World/ジミー・イート・ワールド

K
The Killers/ザ・キラーズ
KoRn/コーン

L
Limp Bizkit/リンプ・ビズキット
LINKIN PARK/リンキン・パーク

M
Marilyn Manson/マリリン・マンソン
Metallica/メタリカ
MEW/ミュー
MUSE/ミューズ
My Bloody Valentine/マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン
My Chemical Romance/マイ・ケミカル・ロマンス

N
New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー
Nickelback/ニッケルバック
Nine Inch Nails/ナイン・インチ・ネイルズ
The 1975/ザ・ナインティーンセヴンティファイヴ
Nirvana/ニルヴァーナ
Noel Gallagher's High Flying Birds/ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ

O
Oasis/オアシス
The Offspring/オフスプリング

P
Panic! at the Disco/パニック!アット・ザ・ディスコ
Paramore/パラモア
A Perfect Circle/ア・パーフェクト・サークル
Pixies/ピクシーズ
The Prodigy/ザ・プロディジー

R
RADIOHEAD/レディオヘッド
Rage Against the Machine/レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
RANCID/ランシド
Red Hot Chili Peppers/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

S
Sigur Rós/シガー・ロス
Simple Plan/シンプル・プラン
Slipknot/スリップノット
The Smashing Pumpkins/スマッシング・パンプキンズ
Snow Patrol/スノウ・パトロール
Stereophonics/ステレオフォニックス
The Stone Roses/ザ・ストーン・ローゼズ
The Strokes/ザ・ストロークス
Sum 41/サム・フォーティーワン
System Of A Down/システム・オブ・ア・ダウン

T
Thirty Seconds to Mars/サーティー・セカンズ・トゥー・マーズ
Tool/トゥール
Two Door Cinema Club/トゥー・ドア・シネマ・クラブ

U
Underworld/アンダーワールド

V
The Verve/ザ・ヴァーヴ
Vampire Weekend/ヴァンパイア・ウィークエンド

W
Weezer/ウィーザー
The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス

Z
Zebrahead/ゼブラヘッド
NEW RELEASE -最新アルバム-
Fall_Out_Boy_-_Mania.png
Fall Out Boy/フォール・アウト・ボーイ『Mania』
2017年9月リリース

ミュージックビデオ
・Young And Menace
Feed_the_Machine_(Nickelback).jpg
Nickelback/ニッケルバック『Feed the Machine』
2017年6月リリース

ミュージックビデオ
・Feed the Machine
Linkin_Park_7th_album.jpg
LINKIN PARK/リンキンパーク 『One More Light』
2017年5月リリース

ミュージックビデオ
・Heavy
After_Laughter_Paramore_album_cover.png
Paramore/パラモア『After Laughter』
2017年5月リリース

ミュージックビデオ
・Hard Times
HumanzGorillaz.png
Gorillaz/ゴリラズ『Humanz』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・Saturnz Barz
201702181444339e7.jpg
New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Make Me Sick』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・Happy Being Miserable
Visuals.jpeg
MEW/ミュー『Visuals』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・85 Videos
・Twist Quest
・In A Better Place
Metallica_Hardwired_To_Self-Destruct_2016.jpeg
Metallica/メタリカ『Hardwired... to Self-Destruct』
2016年11月リリース

ミュージックビデオ
・Hardwired
・Atlas, Rise!
・Now That We're Dead
・Moth Into Flame
・Dream No More
・Halo On Fire
・Confusion
・ManUNkind
・Here Comes Revenge
・Am I Savage?
・Murder One
・Spit Out the Bone
201609171511493dd.jpg
Green Day/グリーン・デイ『Revolution Radio』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Bang Bang
・Still Breathing
Korn-The_Serenity_of_Suffering-album_cover.jpg
KoRn/コーン『The Serenity of Suffering』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Rotting In Vain
・Insane
・A Different World
・Take Me
13_Voices_album_artwork.png
Sum 41/サム・フォーティーワン『13 Voices』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Fake My Own Death
・War
Gameshow_album_art.jpg
Two Door Cinema Club/トゥー・ドア・シネマ・クラブ『Gameshow』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Are We Ready? (Wreck)
・Bad Decisions
300px-Integrity_Blues.jpg
Jimmy Eat World/ジミー・イート・ワールド『Integrity Blues』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Sure and Certain
2016091015314602b.jpg
Pixies/ピクシーズ『Head Carrier』
2016年9月リリース

ミュージックビデオ
・Tenement Song
・Um Chagga Lagga
・Classic Masher
Blink-182_-_Calfornia.jpg
Blink-182/ブリンク182『California』
2016年7月リリース

ミュージックビデオ
・Bored to Death
Thegetawayalbum.jpg
Red Hot Chili Peppers/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ『The Getaway』
2016年6月リリース

ミュージックビデオ
・Dark Necessities
・Go Robot
・Sick Love
・Goodbye Angels
A_Moon_Shaped_Pool.jpg
RADIOHEAD/レディオヘッド『A Moon Shaped Pool』
2016年6月リリース

ミュージックビデオ
・Daydreaming
・Burn The Witch
・Present Tense
・The Numbers