洋楽ロック・邦ロックの人気動画やおすすめミュージックビデオを無料視聴/試聴出来るサイトです。




Blur/ブラー『I Broadcast』

Blur_MagicWhip_2015.jpg2015年にリリースの8thアルバム「The Magic Whip(ザ・マジック・ウィップ)」に収録されている。

5thシングル。アルバムの6曲目に収録されている。

ミュージックビデオは、ブラーのファンの映像やライブ映像など様々な映像を組み合わせたものに、アニメーションを足して作られた内容になっています。

ザ・マジック・ウィップ

Blur/ブラー『Ong Ong』

Blur_MagicWhip_2015.jpg2015年にリリースの8thアルバム「The Magic Whip(ザ・マジック・ウィップ)」に収録されている。

4thシングル。アルバムの11曲目に収録されている。

PVは、ブラーのメンバーがゲーム内のキャラクターに扮し、そこからスーパーマリオのようなブラーゲームが映されるという内容になっています。曲が終わってからのメンバーの様子も映されています。

監督は、ファーストシングル「Lonesome Street」のMVも手がけたトニー・ハン。

ザ・マジック・ウィップ

Blur/ブラー『Lonesome Street』

Blur_MagicWhip_2015.jpg2015年にリリースの8thアルバム「The Magic Whip(ザ・マジック・ウィップ)」に収録されている。

3rdシングル。英国シングルチャートで最高151位。

PVは、前半部分は中国のダンスの先生らしきおじさんがずっと踊っている映像です。後半部分から女性が1人入ってきて、生徒達も加わってみんなで踊るというシュールな内容になっています。

ザ・マジック・ウィップ


Blur/ブラー『There Are Too Many of Us』

Blur_MagicWhip_2015.jpg2015年にリリースの8thアルバム「The Magic Whip(ザ・マジック・ウィップ)」に収録されている。

アルバムの8曲目に収録。今作は、2013年春のツアーの合間となった5日間の休日を使って、香港でレコーディングされた音源を元に作った作品。

プロデューサーはバンドの初期のプロデューサーのスティーヴン・ストリートが務めている。

PVは、狭いスタジオでブラーのメンバーがバンド演奏する映像をほぼ固定カメラで映した内容になっています。

監督はブラー自身が務めています。

ザ・マジック・ウィップ


Blur/ブラー『Go Out』

Blur_MagicWhip_2015.jpg2015年にリリースの8thアルバム「The Magic Whip(ザ・マジック・ウィップ)」に収録されている。

ファーストシングル。英国シングルチャートで最高182位。

今回のアルバムは、前作「シンク・タンク」から実に12年振りのアルバムになる。オリジナルの4人編成としては1999年に発表した「13」から約16年ぶりの作品。

全英アルバムチャートで最高1位。全米24位。日本のオリコンチャートでは最高5位を記録。

PVは、料理番組のような作りになっていて料理の手順とリリックが交互に映されるような内容になっています。

ザ・マジック・ウィップ

Blur/ブラー『The Puritan』

underthewestway.jpeg2012年にリリースされたシングル。「Under the Westway」との両A面。

バンドは2013年3月からはワールドツアーを敢行し、それまであまりライブを行ってこなかった中南米、東南アジアなども含む世界各国で公演を行った。

2014年1月にはツアーの最終公演として11年ぶり、グレアムを含めたフルメンバーとしては15年ぶりの来日を果たし、Zepp DiverCity(TOKYO)と、1997年以来17年ぶり3回目となる日本武道館でのライブを行った。

ミュージックビデオは、こちらもシンプルにブラーのバンドパフォーマンス映像です。

Under the Westway

Blur/ブラー『Under the Westway』

underthewestway.jpeg2012年にリリースされたシングル。

ロンドンオリンピック閉会記念ライブ、「ベスト・オブ・ブリティッシュ」出演に際し、記念ライブ用の新曲として作曲された。

当初、ウィリアム・オービットをプロデューサーに迎えて制作を進めていたが、楽曲制作は噛み合ず、バンドはセルフ・プロデュースを選択した。歌詞はウエスト・ロンドンを走る高速道路・ウェストウェイがモチーフとなっている。

PVは、シンプルにスタジオでのブラーのバンドパフォーマンス映像です。

Under the Westway

Blur/ブラー『Fool's Day』

foolsday.jpeg2010年にリリースされたシングル。
独立系レコード店を支援するイベント「レコード・ストア・デイ」用に、7インチ・シングルとして1000枚限定で発売された。

ブラーとしては7年ぶりのシングル。ギタリストのグレアム・コクソンが2009年にバンドに復帰してから初のシングル曲であり、4人そろってのシングルとしては、2000年リリースの「ミュージック・イズ・マイ・レーダー」以来10年ぶりとなった。

ミュージックビデオは、ひたすらレコードをかける映像が流れるというものです。

Blur/ブラー『Good Song』

thinktank.jpeg2003年にリリースされた7thアルバム「Think Tank(シンク・タンク)」に収録されている。

3rdシングル。全英シングルチャートで最高22位。

ブラーは翌年の2004年に新アルバムのレコーディングのために3人でスタジオ入りをするといったこともあったが、グレアムを欠いたバンドは求心力を失い自然消滅的に活動を休止。

その間、デーモンはサイド・プロジェクトとして始めたゴリラズでの世界的なブレイクをはじめ、いくつもの活動で成功を収め、グレアムもアルバムを3枚発表し、ソロ・アーティストとしてのキャリアを重ねた。

ミュージックビデオは全編アニメーションで描かれていて、最後のオチが笑えます。

シンク・タンク
シンク・タンク(完全初回生産限定盤)


Blur/ブラー『Crazy Beat』

thinktank.jpeg2003年にリリースされた7thアルバム「Think Tank(シンク・タンク)」に収録されている。

2ndシングル。全英シングルチャートで最高18位。ノーマン・クックによるプロデュース。

ミュージックビデオは2つのバージョンがあって、1つはバンド演奏がメインで緑色の電流のようなライトがパブや至る所で流れるという内容。グレアムがいないので3ピースです。
もう1つは4人の女性がダンスを踊る映像がメインで、その脇でブラーがバンド演奏しているという内容です。

オフィシャル・バージョンの監督はコールドプレイ「Strawberry Swing」のビデオなども手がけるシノラ。

シンク・タンク
シンク・タンク(完全初回生産限定盤)

Blur/ブラー『Out of Time』

thinktank.jpeg2003年にリリースされた7thアルバム「Think Tank(シンク・タンク)」に収録されている。

ファーストシングル。全英シングルチャートで最高5位。グレアムが脱退して3人編隊になってから最初のシングル曲。

当時デーモンがノーマン・クック(ファットボーイ・スリム)をプロデューサーに起用したことに対しグレアムは不快感を示す。徐々にグレアムとデーモンの音楽性の相違が顕在化してお互いが敬遠し始め、グレアムは正式に脱退を発表した。

ミュージックビデオは、アメリカ海兵隊所有の戦艦を舞台に航空母艦から戦場へ向かう女性兵士が描かれています。

シンク・タンク
シンク・タンク(完全初回生産限定盤)

Blur/ブラー『Music Is My Radar』

2000年にリリースされた初のベストアルバム「The Best Of(ザ・ベスト・オブ)」に収録されている。

全英シングルチャートで最高10位。ベスト盤の発表に伴いリリースされたシングル曲で、アフリカ音楽に影響されたビートとローファイなギターサウンドの融合が印象的なダンス・ソング。

今後のブラーの新しい方向性が垣間見える曲となったが、この頃からブラーの活動に一区切りをつけるような動きが目立つようになる。

ミュージックビデオはトーク番組のソファにメンバーが座り、その横で大勢のヘルメットを被った白黒のダンサー達が曲に合わせてパフォーマンスをするという内容です。

ザ・ベスト・オブ


Blur/ブラー『No Distance Left to Run』

13 99年にリリースされた6thアルバム「13(サーティーン)」に収録されている。

3rdシングル。全英シングルチャートで最高14位。

長年のパートナーだった元恋人ジャスティーン・フリッシュマンと別れた当時のデーモンの心境を赤裸々に表現した、パーソナルなバラード曲。

1999年発売のDVDや、2010年のドキュメンタリー映画のタイトルにもなっている。

ミュージックビデオはメンバーの就寝姿を暗視カメラで撮影し、それをひたすら映し出すという内容になっています。

13
13(完全初回生産限定盤)

Blur/ブラー『Coffee & TV』

13 99年にリリースされた6thアルバム「13(サーティーン)」に収録されている。

2ndシングル。全英シングルチャートで最高11位。

曲作成当初はもう少しテンポの遅い曲であったが、グレアム・コクソンのアイディアで、シングル・リリース版のテンポになったそう。
デーモン・アルバーンが作詞に行き詰ったため、作詞もグレアムが担当。作詞ついでにボーカルもグレアムが務めている。

PVは、牛乳パックがいなくなったグレアムを探して街を奔走するという内容。NMEアワード、チャンネル4・グレイテストビデオなどを受賞している作品。牛乳パックがコミカルでおもしろいです。

監督は、アトムス・フォー・ピース「Ingenue」のビデオなどを手がけるハンマー&トング。

13
13(完全初回生産限定盤)

Blur/ブラー『Tender』

13 99年にリリースされた6thアルバム「13(サーティーン)」に収録されている。

ファーストシングル。全英シングルチャートで最高2位。バックにロンドン・コミュニティ・ゴスペル・クワイアによる大掛かりなコーラスを動員したソウルフルなナンバー。

アルバムは長年の盟友スティーヴン・ストリートと訣別し、マドンナなどを手がけたウィリアム・オービットをプロデューサーに起用。

ミュージックビデオは、モノクロの映像でスタジオでのパフォーマンスを収録したもの。

監督は、レディオヘッド「No Surprises」のビデオなどを手がけるグラント・ジー。

13
13(完全初回生産限定盤)

SNS
洋楽ロック アーティスト
A
The All-American Rejects/オール・アメリカン・リジェクツ
Aphex Twin/エイフェックス・ツイン
Arcade Fire/アーケイド・ファイア
Arctic Monkeys/アークティック・モンキーズ
Atoms For Peace/アトムス・フォー・ピース

B
Beady Eye/ビーディ・アイ
Beck/ベック
Bjork/ビョーク
Blink-182/ブリンク182
Blur/ブラー
Bring Me the Horizon/ブリング・ミー・ザ・ホライズン
Bullet for My Valentine/ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン

C
The Chemical Brothers/ケミカル・ブラザーズ
COLDPLAY/コールドプレイ

D
Daft Punk/ダフト・パンク
Deftones/デフトーンズ

E
Evanescence/エヴァネッセンス

F
Fall Out Boy/フォール・アウト・ボーイ
Foo Fighters/フー・ファイターズ
Franz Ferdinand/フランツ・フェルディナンド

G
Gorillaz/ゴリラズ
Green Day/グリーン・デイ

H
Hoobastank/フーバスタンク

I
Imagine Dragons/イマジン・ドラゴンズ

J
Jimmy Eat World/ジミー・イート・ワールド

K
The Killers/ザ・キラーズ
KoRn/コーン

L
Limp Bizkit/リンプ・ビズキット
LINKIN PARK/リンキン・パーク

M
Marilyn Manson/マリリン・マンソン
Metallica/メタリカ
MEW/ミュー
MUSE/ミューズ
My Bloody Valentine/マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン
My Chemical Romance/マイ・ケミカル・ロマンス

N
New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー
Nickelback/ニッケルバック
Nine Inch Nails/ナイン・インチ・ネイルズ
The 1975/ザ・ナインティーンセヴンティファイヴ
Nirvana/ニルヴァーナ
Noel Gallagher's High Flying Birds/ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ

O
Oasis/オアシス
The Offspring/オフスプリング

P
Panic! at the Disco/パニック!アット・ザ・ディスコ
Paramore/パラモア
A Perfect Circle/ア・パーフェクト・サークル
Pixies/ピクシーズ
The Prodigy/ザ・プロディジー

R
RADIOHEAD/レディオヘッド
Rage Against the Machine/レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
RANCID/ランシド
Red Hot Chili Peppers/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

S
Sigur Rós/シガー・ロス
Simple Plan/シンプル・プラン
Slipknot/スリップノット
The Smashing Pumpkins/スマッシング・パンプキンズ
Snow Patrol/スノウ・パトロール
Stereophonics/ステレオフォニックス
The Stone Roses/ザ・ストーン・ローゼズ
The Strokes/ザ・ストロークス
Sum 41/サム・フォーティーワン
System Of A Down/システム・オブ・ア・ダウン

T
Thirty Seconds to Mars/サーティー・セカンズ・トゥー・マーズ
Tool/トゥール
Two Door Cinema Club/トゥー・ドア・シネマ・クラブ

U
Underworld/アンダーワールド

V
The Verve/ザ・ヴァーヴ
Vampire Weekend/ヴァンパイア・ウィークエンド

W
Weezer/ウィーザー
The White Stripes/ザ・ホワイト・ストライプス

Z
Zebrahead/ゼブラヘッド
NEW RELEASE -最新アルバム-
Fall_Out_Boy_-_Mania.png
Fall Out Boy/フォール・アウト・ボーイ『Mania』
2017年9月リリース

ミュージックビデオ
・Young And Menace
Feed_the_Machine_(Nickelback).jpg
Nickelback/ニッケルバック『Feed the Machine』
2017年6月リリース

ミュージックビデオ
・Feed the Machine
Linkin_Park_7th_album.jpg
LINKIN PARK/リンキンパーク 『One More Light』
2017年5月リリース

ミュージックビデオ
・Heavy
After_Laughter_Paramore_album_cover.png
Paramore/パラモア『After Laughter』
2017年5月リリース

ミュージックビデオ
・Hard Times
HumanzGorillaz.png
Gorillaz/ゴリラズ『Humanz』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・Saturnz Barz
201702181444339e7.jpg
New Found Glory/ニュー・ファウンド・グローリー『Make Me Sick』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・Happy Being Miserable
Visuals.jpeg
MEW/ミュー『Visuals』
2017年4月リリース

ミュージックビデオ
・85 Videos
・Twist Quest
・In A Better Place
Metallica_Hardwired_To_Self-Destruct_2016.jpeg
Metallica/メタリカ『Hardwired... to Self-Destruct』
2016年11月リリース

ミュージックビデオ
・Hardwired
・Atlas, Rise!
・Now That We're Dead
・Moth Into Flame
・Dream No More
・Halo On Fire
・Confusion
・ManUNkind
・Here Comes Revenge
・Am I Savage?
・Murder One
・Spit Out the Bone
201609171511493dd.jpg
Green Day/グリーン・デイ『Revolution Radio』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Bang Bang
・Still Breathing
・Revolution Radio
Korn-The_Serenity_of_Suffering-album_cover.jpg
KoRn/コーン『The Serenity of Suffering』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Rotting In Vain
・Insane
・A Different World
・Take Me
・Black Is the Soul
13_Voices_album_artwork.png
Sum 41/サム・フォーティーワン『13 Voices』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Fake My Own Death
・War
Gameshow_album_art.jpg
Two Door Cinema Club/トゥー・ドア・シネマ・クラブ『Gameshow』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Are We Ready? (Wreck)
・Bad Decisions
300px-Integrity_Blues.jpg
Jimmy Eat World/ジミー・イート・ワールド『Integrity Blues』
2016年10月リリース

ミュージックビデオ
・Sure and Certain
2016091015314602b.jpg
Pixies/ピクシーズ『Head Carrier』
2016年9月リリース

ミュージックビデオ
・Tenement Song
・Um Chagga Lagga
・Classic Masher
Blink-182_-_Calfornia.jpg
Blink-182/ブリンク182『California』
2016年7月リリース

ミュージックビデオ
・Bored to Death
Thegetawayalbum.jpg
Red Hot Chili Peppers/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ『The Getaway』
2016年6月リリース

ミュージックビデオ
・Dark Necessities
・Go Robot
・Sick Love
・Goodbye Angels
A_Moon_Shaped_Pool.jpg
RADIOHEAD/レディオヘッド『A Moon Shaped Pool』
2016年6月リリース

ミュージックビデオ
・Daydreaming
・Burn The Witch
・Present Tense
・The Numbers